【映画】「ザ・マジックアワー」(2009年)はデラ富樫を演じる佐藤浩一が最高すぎる

三谷幸喜監督の映画は、引き込まれて笑える喜劇を、真面目な役者が本気で演じていますよね。

特に、三谷作品に出てくる、佐藤浩一の演技は、NHK大河ドラマ「新選組」 の芹沢鴨役のようにスパイスの効いたワンポイントのイメージが強いです。

ザ・マジックアワー」のデラ富樫のような主役でも、十分、光るのは彼の長い役者人生を踏まえれば当然なのですが。

エンターテイメントとして十分に笑える作品でした。

created by Rinker
¥699 (2022/05/20 21:29:44時点 楽天市場調べ-詳細)

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

ザ・マジックアワー

豪華俳優陣を投入しまりな三谷幸喜作品のすごさ

無名の俳優・村田大樹を佐藤浩一が演じる妙

数多くの作品に出演してきた佐藤浩一という役者を、無名の俳優・村田大樹という立場で配役し、しかも、幻の殺し屋“デラ富樫”にして、嘘の映画設定を作り上げた作品。

他の俳優陣も立派ですが、完全に、佐藤浩一ワールドな作品「ザ・マジックアワー」は成立していました。

コメディなのに、殺し屋を演じても映えてしまう佐藤浩一

三谷幸喜作品ですから、たくさんの俳優陣が参加して、バタバタと喜劇を演じる展開は、予想通りで、鉄板です。

ありえない設定を1回だけで(喜劇エンタメはシリーズにしたい邦画の世界とは大きく異な流のが特徴です)、完結させてしまう。

しかも、佐藤浩一をここまで、コメディタッチな役柄にはめ込んでしまえる段階で、間違いなく大成功です。

殺し屋としての所作、無名役者の本音などが垣間見えて、実にユニークでした。

本音はわかりませんが、十分に、佐藤浩一自身が楽しんでいるのが伝わってきました。

セット・設定もすごいけど、役者さんが本気で楽しませてくれるのは監督の力量?

日本には存在しなそうな港町で、ロケセットもフルに別世界を作り上げています。

そもそも街を牛耳るギャングなんて日本には存在しない(暴力団という組織がありますが)ので、他の配役も現実離れてしていて、完全に作品の中に引き込まていきます。

現実っぽい作品と比べると、エンタメ要素が強くて、ふざけているようにも思える三谷幸喜作品ですが、非現実的な設定を思いっきり楽しんでいることが伝わってきます。

ここまでのものを作り上げるのは、スタッフ全体の温度感も高いのでしょうが、やはり、三谷監督の力量なのだと思います。

映画は感動だけでなく、とにかく楽しめればいい!

映画作品に何を求めるのかは、個人によって違いはあると思いますが、究極的には、とにかく、楽しめればいいのです。

観客がお金を払って見る以上、楽しむのは当然ですが、俳優陣とスタッフも本気で楽しめているかどうかは、伝わるものです。

映画を見終えた感想が「面白かった」「笑えた」というので十分です。

疲れている時には、喜劇なエンターテイメントを笑いながら楽しむのが最高ですよ。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。