【映画】「ひとよ」(2019年公開)実力派の役者の演技力で成立している作品です。

家族の中で殺人が起きたら、その後、家族たちはどんな人生を歩むんだろう?

この疑問にヒントをくれる映画が「ひとよ」です。

リアルにありそうな話を見事に作品として作り上げたのは立派です。

created by Rinker
¥5,161 (2024/07/24 08:27:32時点 楽天市場調べ-詳細)

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

家族は事件で壊れるのか、取り戻せるのか

あらすじ(ストーリー)

タクシー会社を営む稲村家の母こはるが、愛した夫を殺害した。最愛の3人の子どもたちの幸せのためと信じての犯行だった。こはるは子どもたちに15年後の再会を誓い、家を去った。運命を大きく狂わされた次男・雄二、長男・大樹、長女・園子、残された3人の兄妹は、事件のあったあの晩から、心に抱えた傷を隠しながら人生を歩んでいた。そして15年の月日が流れ、3人のもとに母こはるが帰ってきた。

DVな夫・父親を許せずに、刺してしまった女性が刑期を終えて家族の元に戻ってきたら、どんなことが起こるのか、という流れ。

当然ながら、事件以降、報道もされたでしょうし、近所から冷たい視線も浴びたことは間違いないわけで、複雑な関係性の家族だったことは想像ができます。

その中で起こるドタバタとお互いの関係性の中で、ヒューマンドラマなのに、笑えることもなければ泣くこともなく見終えました。

衝動的に行ったツケは一生消えない!

衝動的なまでに起きてしまった事件のツケは、一生消えることはありません。

家族という形が崩壊しきれないのが不思議なほどでした。

もちろん、生きにくいのは事実だろうし、生活していくのも苦労が多いはず。

この作品の場合、実際に事件当事者ではあるものの、これが冤罪だったらと想像したら、背筋が寒くなります。

貼られたレッテルは消せないのは、どちらも一緒ですから。

こんな複雑で厄介な家族を演じられるのは実力派の役者のおかげ

このような複雑で厄介な家族を演じられるのは、田中裕子、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優という実力派の役者陣だからこそ、成立する作品です。

真っ当で普通の家族を演じるには、勿体なさすぎる面々ですから。

ラストに向けて、こんな展開になるのか、というのは見た方だけのお楽しみということで。

created by Rinker
¥5,161 (2024/07/24 08:27:32時点 楽天市場調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事
医療漫画『監察医 朝顔』医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語 全30巻...
第72回カンヌ国際映画祭の最高賞である、パルムドール受賞作品「パラサイト 半地下の家族」をアマゾンプライムビデオで視聴しました。 半地下生...
話題作の映画を見逃しても、Amazonプライム・ビデオを利用していれば、低価格で見たいときに自由に見ることができる。 もちろん、Netfl...

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。