【ラグビーW杯近し】外国出身の桜のジャージを着る日本代表選手を応援しよう!

なぜ、ラグビーは外国人たちばかりの日本代表というチーム構成なのだろう。

純粋な日本人選手が活躍しないと気持ちが盛り上がらないという声を耳にします。

それって、この国際化の時代に、なんか変じゃないですか?

外国人が日本代表にいるのは変だという考え方を捨てろ

リーチ マイケル選手は、今大会もキャプテンとしてチームを牽引してくれます。高校時代から日本で活躍してきた彼は、語学力も含めて国際大会には不可欠な存在です。

どうしても、純国産である日本人選手が活躍しないと気持ちが盛り上がらないという話をスポーツの世界では耳にします。

ただ、留学生を受け入れて国際交流を進めてきた流れと、ハーフやクォーターの若者が増えている以上、この見た目が日本人ではないから、日本代表にはそぐわないと言う古い考え方は捨てるのが妥当な時代です。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は
こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】は
こちら>>

ラグビー日本代表は、W杯でも勝ったのに人気が上がらないのは外国人選手が多いから

2019年夏が終わる頃、ラグビーW杯が日本で開催されます。

2015年大会で、3勝1敗という成績を残したにも関わらず、決勝トーナメントに進めなかった日本代表は、今までW杯では1勝しかできないチームでした。

1990年代までのラグビーブームが去り、サッカーや他のスポーツに人気を奪われ、選手層が薄くなるという不遇の時代を過ごしています。

大学・社会人を問わず、試合を見に行くと、日本人以外の選手が目立ってプレーしているので、余計に感情移入ができないというジレンマが起きています。

結果として、ラグビー日本代表が強いとしても、人気につながらないといません。

日本代表なのに日本人が少ないのはなぜなのか

ラグビーがよくわからずに、W杯開催が近づいても、気持ちが盛り上がらないという人の意見の中で、誰もが納得してしまうものがあります。

「なぜ、サッカーと違って、日本国籍でない選手が代表に選ばれているの?外国人ばっかりじゃない!日本代表って感じがしない」

日本代表メンバー (2019/08/14発表)

【選手】
位置 名前 所属 年齢 身長 体重
PR 山下 裕史 神戸製鋼 33 183 118 51
バルアサエリ愛 パナソニック 30 187 115 8
中島イシレリ 神戸製鋼 30 186 120 2
稲垣 啓太 パナソニック 29 186 116 28
石原慎太郎 サントリー 29 181 105 11
山本 幸輝 ヤマハ発動機 28 181 118 7
具  智元 ホンダ 25 183 122 7
三浦 昌悟 トヨタ自動車 24 180 113 7
木津 悠輔 トヨタ自動車 23 178 113 3
HO 堀江 翔太 パナソニック 33 180 104 61
北出 卓也 サントリー 26 180 102
坂手 淳史 パナソニック 26 180 104 16
堀越 康介 サントリー 24 175 100 2
LO トンプソンルーク 近 鉄 38 196 110 66
アニセサムエラ キヤノン 32 198 118 12
ビンピー・ファンデルバルト NTTドコモ 30 188 106 12
ヘルウベ ヤマハ発動機 29 193 113 13
ジェームス・ムーア サニックス 26 195 102 2
FL ツイヘンドリック サントリー 31 189 108 44
リーチマイケル 東 芝 30 190 110 62
ピーター・ラブスカフニ クボタ 30 189 105 2
徳永 祥尭 東 芝 27 185 100 11
布巻 峻介 パナソニック 27 178 98 7
FL/NO.8 姫野 和樹 トヨタ自動車 25 187 108 12
NO.8 アマナキ・レレイ・マフィ NTTコム 29 189 112 24
SH 田中 史朗 キヤノン 34 166 72 70
茂野 海人 トヨタ自動車 28 170 75 9
流  大 サントリー 26 166 71 18
SO 田村  優 キヤノン 30 181 92 57
SO/CTB 松田 力也 パナソニック 25 181 92 19
CTB ウィリアム・トゥポウ コカ・コーラ 29 188 101 9
ティム・ベネット サニックス 29 183 94 6
中村 亮土 サントリー 28 178 92 18
ラファエレティモシー 神戸製鋼 27 186 98 17
梶村 祐介 サントリー 23 180 93 1
WTB レメキロマノラバ ホンダ 30 177 92 11
福岡 堅樹 パナソニック 26 175 83 33
アタアタ・モエアキオラ 神戸製鋼 23 185 114 3
FB/WTB 松島幸太朗 サントリー 26 178 88 33
FB 山中 亮平 神戸製鋼 31 188 95 13
野口 竜司 パナソニック 24 177 83 1

最新の代表メンバーの一覧を見ると、カタカナ表記の選手が約半分もいます。

選手の顔と名前を覚えることもできないと、感情移入ができません。

しかも、ラグビーの場合、国籍主義というのではなく、協会主義をとっているため、日本ラグビー協会に所属していれば、代表になれるという国際ルールなのです。

さらに以下の3条件を満たせば、代表資格が取得できます。

・出生地が当該国である
・両親および祖父母のうち一人が当該国出身
・当該国で3年以上、継続して居住している

つまり、学生や社会人として日本に3年以上滞在したラガーマンであれば、出身国に関係なく、代表になれます。

伝統の桜のジャージを着て、日本国家を歌い、戦っている外国人選手たちは、選手としての能力だけでなく、日本に溶け込んでいます。

2007年から代表の一員として活躍するトンプソン ルーク

やはり、トンプソン ルークの力は今回も必要になります。4年後は出れないと言っていた彼が、大会でどんな活躍をするのか楽しみですね。

若い選手が主体になっているラグビー日本代表の中で、38歳のトンプソン ルークは大ベテランです。

ニュージランド出身のトンプソンは、2010年に日本国籍も取得している、偉大なるリアル・ロックと呼ばれる選手です。

球技の中でも格闘技と呼ばれるラグビーの中で、もっとも激しいプレーが求められるFWのロックというポジションで活躍を続ける彼の素晴らしさは際立っています。

『日本ラグビーヒーロー列伝』の中でも、トンプソン以外は、シナリ ラトゥ、リーチ マイケルの3人しか外国出身選手はいません。

おそらく、実力的には頼っているものの、取り上げられる機会が限られている外国出身選手たちは、注目度が上がらないと言う点で不遇に感じます。

彼らは、日本代表として全力でプレーをしてくれているのですから、本気で応援しないと失礼ではないでしょうか?

今は、日本人ラグビー選手が海外でチャレンジする時代になった

前回大会で大ブレイクした五郎丸歩さんを筆頭に、日本人ラグビー選手も積極的に海外のスーパーラグビーで経験を積んでいます。

以前は、大学ラグビーが人気の頂点で、彼らは日本選手権で優勝することがゴールと考えていた節があります。

外国人選手には引け目を感じたり、任せっきりになるという依存傾向が強い期間は、日本代表は停滞し、優秀な選手や指揮官がいても勝てませんでした。

今は、海外組と呼ばれる選手も増えて、若手も育成し、日本人が弱いポジションについては、外国出身選手をあてがいながらも、日本のスタイルを理解して、ともに戦おうとしています。

まとめ:ラグビー日本代表の外国人選手を覚えて応援しよう!

外国出身、いわゆる、外国人選手も日の丸を背負って、日本代表として必死に戦ってくれるのは間違いありません。

育ってきた文化、肌の色、母国語は違うとしても、スポーツマンとして必死に戦ってくれる姿を本気で応援しましょう。

選手の顔と名前が一致しないならば、日本ラグビーフットボール協会の代表選手一覧を手元に置いて、是非、覚えましょう。

もちろん、日本人選手の顔と名前も覚えてあげて、スタジアムだけでなく、テレビの前でも注目しましょう。

多少ルールがわからなくても、相手のことを知れたら、感情移入はできますから。

合わせて読みたいブログ記事

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。