池江璃花子さんの「一年後へ。一歩進む。+1(プラスワン)」メッセージ

2020年7月23日(木・祝)20時、オリンピック大会を目指す全てのアスリートへのエール、支えてくださる全ての人々への感謝・敬意を込めた動画を、オリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けて配信をされたのをご存知でしょうか?

池江璃花子選手のメッセージを込めてスピーチがめちゃくちゃ感動的でした。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

一年後に期待を込めての池江璃花子選手のメッセージ

逆境から這い上がっていくときには、どうしても希望の力が必要だということです。希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても、前を向いて頑張れる。世界中のアスリートと、そのアスリートから勇気をもらっているすべての人のために。一年後の今日、この場所で希望の炎が、輝いていて欲しいと思います

コロナウイルス(Covid19)が世界に蔓延していなければ、2020年7月24日に東京オリンピック2020は開会式を迎えていた。

もし、開催されていれば、白血病の闘病明けの池江璃花子選手は出場が叶わなかった大会。

今後に向けて、1年後でも開催が可能なのか、大丈夫なのかという不安な意見が渦巻く中で、彼女がイベントで発した言葉のラストは胸に刺さるものがありました。

今の彼女だからこそ、多くの人に伝えられるものでした。

1年後の未来に向けた思いが語られている

オリンピックとはスポーツの祭典ではあるけれども、アスリートだけのものではないと高らかに訴えかける。

もちろん、誰かが戦略やシナリオを構築しているのは理解できます。

ただ、その場で、実際にメッセージを伝えるのは、池江選手しか考えられませんでした。

闘病明けの映像でげっそりやせ細った彼女が、堂々とした表情と姿を見せることで、多くの人に勇気と希望を与えています。

おそらく、想像を絶するほどの大変厳しい治療・闘病を送っていたのは間違いないのに、そこを着実に乗り越えて進んでいこうとする姿勢。

負けちゃいけないし、希望を失ってはいけないと再認識できた瞬間でした。

1年伸びるという苦痛は想像を絶するもの

2020年夏の東京オリンピックが2021年夏に1年順延する予定。

たった1年でも、選手のコンディション、人生を大きく左右してしまう。

ベストな状態で怪我をしないまま、不確かな1年後の未来に向けてモチベーションやコンディションをキープするのは大変なことです。

私自身で振り返ってみれば、現役生(高校3年生)で失敗した大学受験の結果、1年の浪人を決めた日々を思い出します。

最初のうちは、1年後は志望校に絶対に受かってやるという強い気持ちを持っているものの、大学生になった友人たちは楽しそうなキャンパスライフを楽しんでいる話を聞くと気持ちが萎えました。

途中で成績が伸び悩んだり、気持ちがのらなくて、凹んでいると、もし、次の受験でも失敗したら、自分の人生はどうなるのだろうという漠然とした不安に襲われるのです。

1年後なんて、何も確約された未来ではないのであって、そこまで日々を積み重ねるのって、実は、ものすごく厳しい現実。

個人的には、その1年の遠回りの価値は、新しい出会いと自分の人生への影響を与えてくれたので、感謝の気持ちしかないですが、当時は、余裕は全くないのをポーカーフェイスでごまかすのがやっとでした。

それだけに、アスリートが1年延期したことへの影響は、オフィシャルなコメントと違い、本音としては、ものすごく重くのしかかっているのだと推測できます。

一年後へ。一歩進む。~+1(プラスワン)メッセージ~ TOKYO2020

それだけに、彼女自身が発した、+1(プラスワン)へのメッセージには、多くの人の胸を打つものがあったはずです。

不確実な未来に向けて、夢と期待、不安を抱えながら、日々、トレーニングに励む姿。

一方で、コロナウィルスの蔓延状況に対して、自らも気をつけつつ、世界の状況を見ながら、頑張り続ける日々。

あのメッセージを聞いたら、絶対に1年後には、東京でオリンピックを開催してあげたいという気持ちが湧いてきます。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。