成し遂げられなかった若者の夢の最後の場面『奇跡のバックホーム』横田慎太郎に胸を打たれる

夢を抱いて、頑張っている姿は、年齢性別や国籍関係なく、心に響きます。

「プロ野球選手として活躍する!」と決めて、2013年、阪神タイガースにドラフト2位で入団した、横田慎太郎選手のことを知っている人は少ないかもしれません。

今回、話題の一冊『奇跡のバックホーム』(横田慎太郎・著)を読んでみました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

こんなに若く引退しなければならない姿が悔しくてたまらない

選ばれし才能あふれる若者が、全て成功・大成するわけではないというのはわかっていますが、けがや病気で引退を余儀なくされる話は数多くある世界。

今回の横田慎太郎選手も同様で、周りの方から愛されるキャラクター・人物だったと察するだけに悔しい気持ちが伝わってきました。

こんなレーザービームができる選手が脳腫瘍の影響で、ボールが二重に見えるなんて!

お父さんがロッテなどで活躍された横田真之選手(外野手)の息子さん、横田慎太郎選手(1995年6月9日生まれ)は、2019年9月に現役を引退しています。

2017年に原因不明の頭痛を精密した結果、脳腫瘍と診断され、治療を続けてきましたが完全に回復しきれなかったそうです。

ウェスタンリーグの引退試合の8回途中の守備からセンターに入り、直後に2回も打球を処理する展開を迎えます。

センター前の打球を捕球してレーザービームなバックホームでランナーをホームで刺します。

そのプレーは、ボールが二重に見えて引退を決意した選手とは思えないほど、完璧なプレーでした。

こんなすごい選手が、プレーを続けられないというのは残念でなりません。

現役を去る決断は自分で決めるしかない

現役プレーヤーや現役ビジネスパーソンが、一線を引く、引退・退職を迎えるのは、自分の体力・気力など総合的に判断するしかありません。(定年という年齢で縛る時代は終わります)

周りからみて、ピークを越えたと思われることを感じるかもしれないし、自分自身で決断をしなければいけない時期が絶対に訪れます。

横田慎太郎選手も、手術とリハビリを乗り越えて、現役での活躍を目指したものの、身体は戻せても、最後まで視力の回復ができませんでした。

個人ごとに事情は異なるものの、現役を去る決断をするのは、

自分の限界を感じる時、身を引くしかない

今まで、スポーツにせよ、ビジネスにせよ、自分の限界を感じるときは、何度か味わってきました。

これが自分のピークを過ぎていて、もはや、これ以上、成長は見込めない(復帰できない)と判断したら、後ろ髪を引かれるような思いがあっても、身を引く(引退・去る)しか選択肢は残されていません。

趣味として、のんびりとマイペースでやるのであれば、誰も咎めません。

でも、一度、高いレベルを経験してしまうと、妥協や我慢ができなくなるのは致し方ないものなのです。

経験を人に伝えていこうと生きる横田慎太郎さんを応援したい

若くして、セカンドキャリアを目指さことになった、横田慎太郎・元選手は、自分の経験を語ることなどを通して、新しい人生を歩んでいるそうです。

もし、彼に病が訪れていなければ、今頃、プロ野球でレギュラー選手として活躍していたかもしれないのに、取り戻せない夢。

ここから、前に向かって歩いていく決意をした彼を応援したいと思います。

created by Rinker
¥832 (2021/10/25 23:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事

◆ 柏英樹(著)『不滅の師弟』を読むと、長嶋と松井の20年の絆の深さに心打たれる 

created by Rinker
¥1,155 (2021/10/25 18:05:07時点 Amazon調べ-詳細)

◆ 怪物・江川卓(作新学院)の凄さを知る人々の話を聞き出した1冊から、当時の映像を見たくなりました

◆ ラグビー日本代表を変えた男・廣瀬俊朗『なんのために勝つのか。』でリーダーシップ論を学ぶ

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。