【映画】「仮面病棟」(2020年公開)リアルな医療現場で起きるミステリー

偶然に、映画「仮面病棟」をNetflixで見てみました。

どんな役でも、ビジュアル的な変化が少ない(特に髪型!)俳優・坂口健太郎が主役という作品を見ると安定感があるのですが、同じような演技をしているような印象も残りますね。

今回は、医師としての演技も無難にこなしていましたが、事件に巻き込まれていく姿も、実に彼に任せることで、無難な作品に仕上がっていると感じました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

本物の医師が作ったベストセラーミステリーを映画化

医師×ミステリー作家の知念 実希人さんが、『仮面病棟』で啓文堂文庫大賞を受賞した作品の映画化された作品。

原作者が医師なだけに、医療に関してはリアルティな作品が多いと言われています。

created by Rinker
¥652 (2024/05/17 21:06:30時点 楽天市場調べ-詳細)

病院でのクライシス作品は、ヒヤヒヤさせられます!

深夜の病院は、入院患者と限られたスタッフ(当直医師と夜勤看護師など)しかいないので、静かでありながらも、どこか怖い雰囲気があるものです。

今回の設定の病院は、入院患者が怪しい素振りもあり、余計にヒヤヒヤします。

決して、ホラー作品ではないのですが。

ストーリー概要(Amazonより)

その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された。閉じ込められたのは、一夜限りの当直医の速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次々と不可解な異変に遭遇する。入院記録のない患者、警察に通報しない院長とスタッフ、隠された病室、あるはずのない最新の手術室、凶悪犯の不可解な目的……。この病院には、何かある――。病院≪なぞ≫の仮面に隠された、国家をも巻き込む<衝撃の真実>とは!?全ての謎を解くまでこの病院から逃れられない、究極のノンストップ脱出ミステリー!

脱出できない状態に置かれて、朝までの時間をどのように過ごすのか、怪しい登場人物たちが多い中で、謎が散りばめられています。

閉じ込められた空間で展開が続き、ハラハラします

凶悪犯に襲われて、病院内に隔離されてしまい、どんな展開になるのか予測できないので、ハラハラさせられながら見ていきました。

後半に向けて、さまざまな謎が少々強引に回収されていき、あんなエンディングが訪れるとは。

知念 実希人の原作は緻密なだけに、こういうゴールを予測できる視聴者は少ないと思います。

ハッピーエンドすぎない、不可思議さも残って終わるので、なとも言えない余韻が残ります。

created by Rinker
¥3,984 (2024/05/17 21:06:30時点 楽天市場調べ-詳細)

父が入院している時の夜の病んで付き添った記憶

私自身、ありがたいことに、一度も入院患者になったことはないのですが、父が入院しているときに夜の病院で、数日付き添ったことがあります。

この仮面病棟を見ながら、当時の記憶が蘇りました。

ナースステーションの前の個室だったので、明かりを感じたものの、静かな空間で過ごすので、ふとした瞬間に、背筋が寒くなる感覚がありました。(真夏だったのですが)

もし、この作品を見てから、泊まりの付き添いをしたら、怖い印象が残ったのかもしれません。

夜中に見回りに来る、看護師さんの気配ですら、ドキっとしたのを覚えていますから。

コロナ禍であれば、病院では、家族も入院患者(家族や友人)に会えなかったので、余計に寂しい夜を過ごしたのでしょうね。

永野芽郁の演技もミステリアスで良かった

ヒロインというか、謎の女性として、永野芽郁さんの演技が単調ではなくて、ミステリアスな雰囲気が良かったと感じました。

2020年3月公開の作品だけに、さまざまな制限のある環境で公開されていたのだと思います。

冷静に考えてみると、作品全体の設定に少々無理があると感じましたが、そこはご愛嬌ということで、楽しみましょう!

created by Rinker
¥3,984 (2024/05/17 21:06:30時点 楽天市場調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事
Twitter上で、気になるタイトルの本『機械仕掛けの太陽』(知念 実希人さん著)を見つけました。 現役医師として新型コロナを目の当たりに...
社会の中で忘れられたり、忌み嫌われる存在になっていたら、あなたはどうしますか? 受け入れて淡々と生きていけますか? 第43回アカデミー賞...
職業ドラマ・映画というジャンルは、以前であれば、教師(学園物)、刑事・警察(ミステリー物)、医師(医療物)が鉄板の3本柱でした。 最近は、...

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。