野心があるなら、まず、行動してみよう!

シェアする

野心と行動の関係

サラリーマン・サラリーウーマン同志として、「野心」という言葉にどのような印象をお持ちでしょうか?

“本当の「引き寄せの法則」とはノートに書いたことことに「行動」がプラスされてはじめて威力を発揮します。
そう!「野心」は「行動」を起こすことで引き寄せることができるのです。”

元女優から野菜ソムリエの資格を取り、文化人として“野心家”を自称し、「野心塾」を主催する中村慧子さんの著書、はじめての野心 – 夢を最短最速でカタチにする方法 –はタイトルだけではなく、中身もヘビー級な一冊です。

読み進めている段階で、今、一番、自分に刺さったのが、野心とは行動を起こすことという、当たり前なのに、実は誰もが躊躇している現実を言いきっている箇所でした。
確かに、数年前、「引き寄せの法則」が大ブームになり、思いをノートに書いて、引き寄せようとされた方は、私以外にもたくさんいたはずです。結果としてどうなったのか。もちろん、夢を実現、引き寄せた方もいるでしょうが、実際は、効果がなかったという声を多く聞きました。「引き寄せの法則」は、たまたま、運がいい人にしか効果がないとか、まじないに過ぎないなども言われていました。

大事なことは、中村慧子さんの言葉そのものです。「行動」を起こしたのか、起こさなかったのか。最初の一歩をはじめるまでの躊躇する思いの強さで、踏ん切りがつかずに、あきらめてしまっていることが多いのではないでしょうか。

行動を起こす。特に、一歩目、スタートを切るということは、なかなか大変です。もちろん、スタート後に定着させて、習慣化させたり、進化させていくプロセスも大事ですが、一歩目がなければ、先に進みません。

でも、言い訳をしたり、他のことを優先してしまい、本当にチャレンジしたいこと、野心的なことは、後回しになりがちです。重要なことのはずなのに、緊急な出来事やルーチーンをこなし続けてしまう。そのため、いつまでも野心、夢、願い事は叶わないままに陥ってしまう。

思い切って、とにかく前へ踏み出すこと。失敗とか、余計なことを考えずに、まずはやってみることです。
私も、先日、神社仏閣をまわってみようと思った際に、どこを訪れたのか、気持ちを混める為に、御朱印帖を買いました。大事にしていきながら、目の前に現れる、神社や寺社で可能ならば、御朱印をもらおうという意識に変わりました。

行動を起こしていかなければ、カラーパス効果として生まれてこないので、自分の視界に入っていたとしても、素通りしてしまうのです。潜在意識の中においておき、具体的な行動に巻き込んでいくと、必然的に、自分の近くに引き寄せられた感覚として、研ぎ澄まされていきます。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さん、やってみたいことは、まず、やりましょう。そのうえで、自分に合う、合わないは判断してみればいいのです。大人になって時間が経つと、一歩目を踏み出すことへの勇気が出にくくなり、後回しになって、最終的には後悔に繋がるというのは、もったいないと思いませんか。