「父の日」に自分の父親との関係、子供と自分(父親)の関係を考えてみる

父親とどのぐらい会話をしたのだろうか?

怒られた、褒められた、と言う点の記憶は残っていても、まとまった会話として残っているのは少ないものです。

それって、「父の日」という形はあっても、歌がないからじゃないかと思いませんか?

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は
こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】は
こちら>>

やっと見つけた!PaPa/MAY’S 父の日に聞きたい曲

クリスマスソング、桜ソング、という季節ソングが流れると、ムードが盛り上がります。

季節を巡って、1年のある時期に繰り返される曲、そしてエピソード。

そういう点では、ホワイトデーソング、とか、父の日ソングというのはイメージがない。

やはり、地味な存在なのかと思って調べたら、MAY’S  PaPaという曲を見つけました。

知らないアーティストさんではありましたが、何回か聞きながら泣きたくなりました。

自分の父親との関係、子供と自分(父親)としての関係

時代の中で求められる父親像が大きく変わります。

1993年の理想の父親
(1994年2月号ひよこクラブ調べ/回答者数1000人/実施時期 1993年12月)

1 中村 雅俊
2 藤井 フミヤ
3 布施 博

2019年の理想の父親
(2019年05月07日(火)~2019年05月09日(木) 全国の妊娠中~1才11カ月以下の子どもを持つママ619名にインターネット調査。)

1 つるの剛士
2 りゅうちえる
3 杉浦太陽

理想の◎◎というのは、その時期にメディアに頻繁に露出して、イメージがついている相手なので、変わっていくことは当然です。

ただ、時代とともにイメージが大きく変わっていくのh避けられません。

話を聞いてくれる父親から、一緒に楽しく過ごしてくれる父親、みたいなものに変わっているのがわかります。

ここで感じるのは、自分と父親の関係の中で、どう過ごしてきたのか。

そんなに深い会話をした記憶がありません。褒められた、叱られた、是々非々でした。

子供と自分(父親)の関係と比較してみる。

一緒に遊んだ頻度が違う。過ごした時間の量・頻度が違いすぎる。

どんな親子関係なのか、父の日に父親だから、色々と考えてみるのも必要なのではないでしょうか。

正解なんてありません。

自分らしい父親でありながら、父親と自分の関係性も、人それぞれで生きればいい。

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。