ナンバー8の姫野和樹選手の「ジャッカル」に注目しよう!ラグビーワールドカップ日本大会

ラグビーの中で、比較的新しくできたポジションがNo.8(ナンバーエイト)。

スクラムで最後尾に位置して、とにかくゲーム中に目立つポジション。

オールラウンダーで力も、スピードも、パスもうまい選手が任されています。

2019年 ラグビーワールドカップ日本大会は、ナンバー8に起用される姫野和樹選手に注目をしましょう。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツの姫野和樹選手が、現役日本人最高のNo.8

歴代の選手の中でも、体の大きさも含めて目立っていたFWの花形ポジションといえばNo.8。

歴代でも印象に残る選手が担ってきたポジションですが、2019年 ラグビーワールドカップ日本大会においては、姫野和樹選手がベストだと見ています。

とにかく体が強く、ボールを持って前に突き進む力、倒されてもすぐに立ち上がって再度、走り出せるスタイルは、今までの日本人選手にいない、走って距離を稼げるFWです。

フィジカルモンスターと言われのも納得です。

また、守備においても相手のボールを奪う「ターンオーバー」が得意と言える存在です。

187㎝で、112 kgという身体のサイズも外国人選手と遜色のなく戦えています。

姫野選手が全試合フルタイム出場できれば、日本の試合は安定して、有利に進める可能性が高いのです。

大卒1か月でキャプテン指名を受ける逸材

姫野選手は帝京大学を卒業後、トヨタ自動車ヴェルブリッツで1年目、しかも1か月で指揮官にキャプテンを指名されるというエピソードを持っています。

大卒1か月なんて、ビジネスマンであれば研修レベルですが、彼は、チームをまとめるキャプテンになることを決意します。

周りは、みんな年代も経験も上の選手たち。最初は、誰にも相手にされなかったはずです。

大学時代も、この社会人1年目も、泣きながら苦しんだ姫野選手ですが、読書をしながら、自分でチームを良くする方法を考え抜いたそうです。

若手なのに姫野選手が欠かせないのは、オーラ?スキル?体?

大相撲の琴奨菊関が、偶然入った飲食店で、姫野の筋肉を見て思わずスカウトしたという話があるほど、あきらかに立派な体があるのは事実。

ただ、体だけならば、もっとハイクラスの選手もいるだろうし、外国出身プレーヤーが上からもしれない。

彼には、敵に対して全力で向かっていくことで、仲間を引き付けるオーラを感じさせます。

感情豊かに見せる姿は、見るものをぐいぐいと引き寄せるものがあります。

さらに、No.8(第3列のフランカーも含む)を任せる十分なスキルも持ち合わせています。

世界で戦うNo.8であれ!と背中を押してあげたい

ワールドカップでの大活躍を期待しつつ、その先に、彼は世界で戦う日本人No.8として目立ってほしいと思います。

日本人のスポーツ選手が、海外で活躍できるのは、20代がベスト。

姫野選手は、現在、25歳。(2019年10月)

是非とも、彼には、その持ちうるポテンシャルを発揮して欲しい存在なのです。

怪我をせずに、どこまでも伸びていってほしいと心から願っています。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。