【映画】『ルドルフとイッパイアッテナ』を見て、たくましく生きる意味を考える

猫が人間の文字を読めたら、どうなるんだろう。

ちゃんとコミュニケーションを取れるのだろうか。

『ルドルフとイッパイアッテナ』は我が家の子供を泣かせる感動的な作品だったと聞いたので、アマゾンプライムビデオで見ました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

飼い猫が野良猫になって生きていくって簡単じゃない

公式サイト『ルドルフとイッパイアッテナ』は、声優に大物俳優(井上真央、鈴木亮平など)を登用しています。

また、第40回 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞も受賞しています。

それ以前に、児童書の『ルドルフとイッパイアッテナ』がシリーズ100万部を突破する人気作品だったことの方が価値があります。

ノラ猫たちの物語だけど、あくまで対人間との関係を描くという点が特徴です。

彼らは、人間たちの周りで生き抜く存在。

人によって名前の呼ばれ方も違うから、名前が「イッパイアッテナ」なんて名乗ることになる。

ノラ猫が自分たちだけでなく、人間をどう見ているのか。

そのために文字を覚えたらどうなるのか。

飛躍はしているものの、このストーリーは抜群に面白い。

岐阜から東京まで間違って来てしまった、黒猫のルドルフと飼い主がいなくなりノラ猫として生きるイッパイアッテナ。

この二人の師弟コンビは、自分たちに餌をくれる人間の所に出向いて生きていく。

飼い猫だった二匹にとって、餌を得ること、眠る場所を確保すること、安全安心で暮らすことは簡単なことではありません。

猫が人間の文字を覚えるように、人間が猫の鳴き声の意味がわかったらどうなるか

悲しくも感動を与えるストーリーの「ルドルフとイッパイアッテナ」でした。

身終えた後、私は、我が家の飼い猫の顔をしげしげと見つめていました。

この猫は、何を感じているのだろう。

さっき、泣いたのはなんでだろう。

もし、この家を飛び出したら生きていけるのだろうか。

たくましく生きるって動物も人間も一緒。

どうやって生き抜くのかを真剣に向き合うためには、知恵を絞り、知識を身につけて、勇気を持って生きていくしかない。

今までのルールや環境がいつまでも続く訳ではないのだから。

確かに、付き合いが長い飼い猫であれば、なんとなく相手の顔を見ていれば、コミュニケーションは取れるが、シンプルなものばかり。

お腹が空いた、遊んで欲しい、程度しかわからない。

本当は何か話したいのかもしれない。

飼い猫とコミュニケーションは言葉で取れないとしたら、どうすればお互いが分かり合えるのだろう。

表情と動きでしか想像できない。

これって、もし、自分たちが異国の地に足を踏み入れて、言葉が全くわからなければ同じシュチュエーションに至るのでしょう。

そこでも、たくましく生き抜くにはどうすればいいのか。

自分のことに置き換えて考えてしまいました。

あわせて読みたいブログ記事

この映画が日本だけではなく、世界に広がっているのは、日本のアニメーターたちの力量もさることながら、この映画に潜むメッセージにあると感じました。

ぼくらはそれでも前を向く。

私たちも彼らに負けないぐらいのたくましさを持ちたいものですね。

「ルドルフとイッパイアッテナ」関連はこちら

created by Rinker
¥300 (2020/02/28 06:25:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,430 (2020/02/28 06:25:28時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。