【平井】「ひよこプリン」と聞いて、ラーメン屋さんだとは誰も思わないはず

「ひよこプリン」と聞いてイメージするのは、黄色いひよこの姿と、美味しそうなプリン。

まさか、この名前でラーメン屋だなんて、誰も想像しないはず。

名前の由来を聞いたら「女性が入りやすいかなーと」店主さんの言葉はシンプルでした。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

「ひよこプリン」は江戸川区平井の小さなラーメン屋さん

店舗の名前が「ひよこプリン」と書いてるので、プリン専門店のスイーツ屋さんだと勘違いしそうでしたが、ラーメン屋さんです。

ラーメン800円

麺は中細縮れ麺、豚と鶏チャーシュー。

なんとなく洋風なラーメンです。

坦々麺も程よい辛さの味がクセになりそうな感じです。

こちらは、豆乳を使った白ラーメン。女性に人気が出そうな優しい味。

なぜ「ひよこプリン」なの?と聞いてみた

店主の方に、素朴な疑問として、ラーメン屋さんなのに「ひよこプリン」という名前にしたのか聞いてみました。

「女性が入りやすいかなーと思って」

え?そこ?

決して、ひよこで出汁をとっているわけではありません。

最近、プリンの名称をちゃんと生かそうとして、ランチ時には、オリジナルのプリンも提供しているそうです。

ひよこプリンの秘密!万能タレ!

店内をキョロキョロとしていると気になる情報をゲット!

秘伝のタレ?

なんだ?それ?

ラーメンのスープの素になるタレにオリーブオイルを加えて、自由に使える万能タレとして販売(600円)。

近所のスーパーでも帰るそうですが、基本は、店主が1本1本、手作りで作っているそうです。

卵かけご飯、サラダ、どんなものにも合うタレということで、買ってみて試しましたが、言葉に偽りなし!

本当に美味しく、クセになりそうな調味料です。

「ひよこプリン」に足を運んだ方の声(Twitterより)

足を運んだ方が、喜んでいる姿が想像できますよね。

いつもお客さんが入っていて、たまには外に列ができるほど。

「ひよこプリン」 店舗情報

店名 ひよこプリン
住所 東京都江戸川区平井3-16-11-103
電話 不明
最寄駅 JR総武線 平井駅 徒歩3分
営業時間 (昼)11:00〜14:30 (夜)18:00〜21:00
定休日 水曜日
Twitter https://twitter.com/hiyop2018

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。