【映画】「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」でマクドナルド誕生の裏側を知る

マクドナルドは、誰が創業したのだろうか?

レイ・クロックなのだろうか?ディック&マック兄弟なのだろうか?

この素朴で、かつ、大事な疑問に向かい合いたくて、映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)』(2016年)をAmazonプライム・ビデオで視聴しました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

画期的な仕組みだった、ディック&マック兄弟のハンバーガー店<マクドナルド>

レイ・クロックはマクドナルドの創業者として褒め称えていいのだろうか?

マクドナルドの誕生の話のなかで、どうしても気になっていたポイントでした。

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。(C) 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

やはり、スピード対応のできるシステムを作り上げた、ディック&マック兄弟のアイデアと実践していたレストラン(ファーストフード店)が存在しなければ、世界のマクドナルドは誕生しなかったのは事実です。

1954年にフランチャイズとして展開した男、レイ・クロックの野望

様々なセールスをやってきたレイ・クロックは成功者とは呼べない存在でした。

そんな彼のもとに、シェイクミキサー8台の注文をしてきたのが、ディック&マック兄弟。

この店舗の仕組みを理解して、大きく展開したいと考えて、フランチャイズ化していく流れは、今のファーストフードやコンビニエンスストア乱立の原点とも言える話です。

彼は、全米にマクドナルドを展開しようと野望を抱き、自分が創業者として振る舞い、成長をさせていきます。

一方で、契約により、ディック&マック兄弟はレイ・クロックと対立を繰り返し、最後は物別れに終わるという展開。

史実に近いストーリーだからこそ、起業的なアイデアを出した人間と、創業者は違う役割があると感じさせられました。

あわせて読みたいブログ記事

マクドナルドは人を幸せにしたのだろうか?

レイ・クロックの野望を受けて、大きく成長を遂げたマクドナルド。

今や、世界中にその店舗を構えています。

早くて、高くない、ハンバーガーを美味しく食べる。

仕組みを変えて、メニューを変えながらも、外食産業の雄として、存在感を示し続けています。

一方で、人間の健康に冠する問題などとも向き合わねばならない時代、仕組みが自動化することで、人間ではなくロボットが運営できるかもしれない世の中になった時、画一化したシステムや味のマクドナルドは、どうやって生き残っていくのでしょうか。

ゴールデンアーチというMのマークに込められたディック&マック兄弟とレイ・クロックの作り上げた仕組みとしてのマクドナルドは、実は違うものになっているのではないでしょうか。

私だって、たまには、マクドナルドのハンバーガーを食べますし、嫌いではありません。

ただ、ディック&マック兄弟のマクドナルドのハンバーガーの思いを感じることはないのが残念な気がします。

マクドナルドって本当に人を幸せにしたのだろうか。

その疑問だけは消えないまま残っています。

あなたはどう思いますか?

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。