『1日500円の小さな習慣』は「塵も積もれば山となる」を腹落ちする本でした

お金の話は、節約か、稼ぐか、貯金・投資をするのかの三択に分類されます。

それぞれの専門家が様々な考え方、方法を伝えてくれているので参考になります。

その基本って、日常の1日500円に価値があるんじゃないの?というのが、横山光昭さんの『1日500円の小さな習慣 「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!』です。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

1日500円をバカにしてはいけない!

1日500円なんて、今なら、ランチもできません。

コンビニのお弁当程度、ちょっとしたお金に過ぎないと感じていませんか?

ところが、「ちりも積もれば山となる」のことわざのように、この小さな積み重なによって、家計の暮らし、貯蓄などにダイレクトに影響しているのです。(当たり前の話なのですが)

結局、節約と稼ぐしか家計を改善する道はない

1日500円の小さな習慣 「隠れ貧乏」から「貯蓄体質」へ大変身!』の中に、目から鱗が落ちるような、革命的な方法は書かれていません。

1日の生活の中で無駄にしている500円程度の出費を辞めてみるなんて、できない話ではありません。

また、ちょっとした無駄な習慣、深く考えないで続けている日常の行動にこそ、問題があるわけです。

給与天引きでの貯金が素晴らしいと語るマネー本は多いですが、結果として、ボーナスで補填しているとしたら意味がないと断言するあたり、横山さんが冷静に事実を見ている方だと安心できます。

もちろん、1円でも多く稼げれば、生活は潤うのかもしれませんが、なかなか簡単には誰もが叶うわけではありません。

とすると、結局は、日々の無駄を削る作戦に走るしか方法はないのです。

支出部分を丁寧に見直していくことを続けるしか、王道はないのです。

ちょっとした1品の無駄遣いの積み重ね

買い物に出かけて、買う予定のなかったものを思わず見つけて、買ってしまうことはありませんか。

面白そう、美味しそう、役に立ちそうという、ちょっとした気持ちの揺れで買ってしまう1品は誰にだってありますが、果たして、それは、本当に必要だったのでしょうか?

もし、目の前で見なければ、手に入れることはなかったはずなのです。

それは、リアルな買い物でも、ネット通販でも一緒です。

見事に欲しい気持ちに踊ろされて、私たちは、買ってしまう習性を利用されていると気づかないといけません。

100円ショップで勢いで買ったものは無駄になる

今や、商業施設には必ず入っている、100円ショップを例にとりましょう。

こんなものが100円で買えるの!という最初の驚きは忘れられません。

この快感によって、あなたも、私も、思わず、商品を買ってしまってはいないでしょうか。

必要と考えたものを手に入れるのは当然ですが、実際に必要かどうかわからないものを勢いでカゴに入れてレジで精算しているものってありませんでしたか?

私は、壁掛けのラックを買ったことがあるのですが、強度に問題があって、長持ちしませんでした。

100円だから仕方がないと割り切る方法もあるのですが、その100円は必要ではなかったり、結果として廃棄するならば、無駄なものだったのではないかと反省しました。

この教訓を得て、100円ショップでは、事前に必要だと思うもの以外は、カゴには入れません。

ぶらぶらと店内を眺めて、商品を手にとっても、そのまま元に戻すようになりました。

本当に、必要なのか、無駄はないのかを見つめることが必要

結局は、商品であれ、サービスであれ、自分自身や家族にとって本当に必要なものなのかを見つめることって、すごく大切です。

ここで、冷静に考えられる状況にするか、最初から余計なものには目を触れない、というスタンスにしない限り、溢れてくる情報に私たちは毒されて、「欲しいかもしれない」というゆるい動機から買ってしまう無駄が問題なのです。

1日500円の無駄を減らせば、1ヶ月で15,000円になります。

1年間に換算すると、18万円です。

この小さな無駄を減らすことだけで、人生のマネープランは大きく変わるのはいうまでもないでしょう。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。