【映画】「ショーシャンクの空に」(1994年公開)でアメリカの刑務所内の自由度に驚く

人は一生、無実の罪を受け入れられるのだろうか。

刑務所で長期収容されている生活者は、どんな人生を歩んでいけばいいのでしょう。

そもそも、国によって刑務所の囚人の環境は差が大きいのではないだろうかと考えさせられる映画「ショーシャンクの空に」をU-NEXTで視聴しました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

刑務所の中で、どんなことが起きているのか、私たちは知らない

刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ

原作がスティーヴン・キングというだけに、暗さ&怖さがミックスされている作品なのは想像できます。

前半が暗くて見るのを止めようかと思う作品

若くして銀行の課長を務める優秀な銀行員アンドリュー・デュフレーン (アンディ)は、妻とその愛人を射殺した罪に問われる。

無実を訴えるも終身刑の判決が下り、劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まる。

このショーシャンク刑務所を舞台に、アンディが周りを変えていく世界。

もちろん刑務所の所長が、アンディを優秀な経理担当者であると同時に不正蓄財を知っているために、彼に自由を与えないという展開。

前半が暗い印象の作品だっただけに、後半は、予想以上の展開にビックリします。

まさか、エンディングがあのような形になるとは。(詳しくは映画を見てください)

アメリカの刑務所の個室ってポスターが貼れるんだ!

映画「ショーシャンクの空に」を見ていて、日本の刑務所内のシーンと比べると、自由な雰囲気が漂います。

特に、大事なシーンにつながる各囚人の個室にポスターが貼れたり、比較的に、私物が自由に置ける点に驚きました。

日本だとあり得なそうな場面が多い(1950年代あたりのおおらかさかもしれませんが)ことに驚き、これらならば脱獄という方法を取れると考えるのも納得です。

それだけに、安部譲二の『塀の中の懲りない面々』という小説・映画の内容が頭をよぎりました。

刑に服しているのだから、自由が制限されるのは仕方ないとしても、食事・風呂など以外でも最低限、人間として許される生活があるべきなのか、そもそも不要なのか。

ストーリーに関係ないポイントに、私は、意識が向かってしまったのは事実です。

結局、悪は朽ちるということでスッとすればいいのか

最終的に、アンディは自由の身(脱獄)になっていく。

彼から見た不正義な状態はクリアされたし、悪の人物は粛清されたのだから、胸がスッとしたというべきなのだろう。

ただ、どうも、釈然としないのは、彼が刑に服した期間の長さに見合うだけのゴールになっているのかどうかを考えるべきなのです。

人生の大半の大切な時期を、刑務所で過ごした人間が、もし、無実・冤罪だとしたら救われることはあるのかないのか。

本質的なことが引っかかる形で、私は、映画「ショーシャンクの空に」を見終えた感想が残りました。

created by Rinker
¥407 (2024/04/13 12:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事
現代史の中で、現役アメリカ合衆国の大統領が暗殺されるというショッキングなエピソードといえば、ジョン・F・ケネディ。彼は、1963年11月22...
「記憶にございません!」 アメリカのロッキード社と日本の総理大臣・田中角栄の間の贈収賄の橋渡しに関与した、実業家・小佐野賢治の証人喚問で連...
新聞記者という職業に憧れたことはありませんか? 私は、子供の頃、一時的に憧れた職業です。なんか正義感があってカッコいい存在だと感じていまし...

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。