神輿を担いでみたくなった!子供神輿の手伝いからスタート

日本文化を学び楽しむために、半纏を来て、神輿に向かう!!

ここ数年、私の大きな変化は、日本の文化をしっかりと学ぼうと決めたこと。
自分自身の夢リストにも確実に、それらの内容が並んでいます。

まずは、外国人に対して、日本を伝えるコンテンツがたくさんあるはずなのに、自分自身が何も知らないと気づいた時点でスタートしています。

日本食、着物、歌舞伎・能、落語、祭り・・・

数え出したらものすごい数です。全てを網羅するのは不可能。だとしたら、机上の学びではなく、体を動かしたり、実践するのが良いと気づいて、取り組めるものをピックアップしていきました。

年を取り過ぎて体の動きがつらくなり過ぎたらできないものは何だろうか、と考えてみて、まずは、日本の祭りに関わるために、「神輿を担ごう」と考えてみました。

日本の神さまは普段、神社に静かにおられると言うわけではありません。お祭りの時に出て来られ、自分の管轄地域の人々のもとへやってきて、お神輿に乗り、地域の災厄や穢(けが)れを吸収して清めます。そして終わればまた神社へお帰りになるのです。

日本の伝統、お神輿ってそもそも何!?(All About 冠婚葬祭ガイド 中山みゆきさん)

この内容を読んで、なぜ、神輿を担ぐのかという訳を理解しました。やはり、奈良時代にルーツがあるだけに、奥が深い。地域と神社の結びつきの深さを感じます。

神輿を担ぐとしたら、有名な三社祭が頭に浮かびましたが、いきなり素人が参戦するのは難しい。しきたりもルールもわからないし、無理があると感じて・・・。

某祭りの神輿を担ぐためのツテを得ました。(私の足の怪我の影響で関係者に直接会えないまま、本番を迎えそうな点はピンチですが)来月参加した後に、レポート記事を書く予定です。

その前に、もっと、簡単なリハーサルが必要と思っていたところ、地元の4年に一度のお祭りで御神輿を担げる可能性があることが判明。ただ、こちらも地域や周辺の担ぎ手プロフェッショナルが多すぎて、素人が参戦するのは厳しいので、今回は見学のみと決めました。

まずは雰囲気を楽しむために、子供神輿周辺で声を出しサポートしようとしたところ、歓迎されました。子供だけに背の高さが違うと傾いてしまうのでバランスが良くありません。しかも、初めて担ぐ子供たちがいるだけに要領を得ないし、周りにはスマホ片手の親が囲む。実に、難しいものでした。実際に担ぐのは子供たちですから、私は肩に神輿を担いでいません。

デビューするにあたり、練り歩くルートを知らないと、本当に困りました。休憩ポイントもわからなければ、タイムスケジュールも知りません。

わっしょい、わっしょい、わっしょい・・・

このかけ声だけをかけるだけで精一杯。十分に体験としては悪くない機会を得ました。

関連ブログ記事

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら