「テロメア」で健康長生きができるという説を考えてみる

テロメアの話を読むと、今までの健康関連情報が繋がった!

翻訳本の分厚さは、途中で挫折しないで頑張る気力、読み続ける集中力が必要です。日本人が書くと、こういった翻訳本の抜粋したライト版なので、すらすら読めるのですが、今回も苦戦してました。時間がかかりました。

細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム』エリザベス・ブラックバーン(ノーベル医学生理学賞受賞) エリッサ・エベル(健康心理学者) 訳:森内薫

テロメア研究でノーベル医学生理学賞を取られた、エリザベス・ブラックバーンさんが共著で書かれた一冊。

「テロメア」とは、染色体の先端部分を指し、寿命を司り、加齢とともに短くなる存在。
命のロウソクの長さ的なイメージが湧くので誰もが理解しやすい。結局、決められた長さで終わるのだから仕方がない宿命なのだと諦めがちなもの。

ところが、最新科学によると、生活習慣次第で、テロメアの長さを維持したり、伸ばすことができるという魔法のような話が現れて、誰もがハラハラ、ドキドキし始めました。

DNAの診断よりも、テロメア診断ができたら、何か画期的な長生きの方法が見えてくるのかもしれないとも想像して、読み進めました。

結論から言えば、普通の健康本で語られているようなテーマのストレス、運動、睡眠、体重、食べ物など、とテロメアは関係があると証明されていました。

驚くような真実というよりは、今まで、良い習慣と言われる物は、染色体の先端のテロメアにとっても良いモノで間違いないという話。

要するに、不老長寿の薬がないように、簡単に健康で長生きできる裏技は存在しませんでした。がっかりするというよりは、ある意味、納得の展開。

一つ一つの習慣が自分の身体も心も、テロメアの長さもコントロールされるのであれば、不摂生をしがちな現代人の一人として、やめなければいけないことを1つ1つ減らしていくしか、道はありません。

また、テロメアの長さだけを意識せずに、人生の充実度価値みたいなものも影響されると信じることができたら、日々の行動も楽しく過ごしていく前提を壊さないでいたいと考えられます。

テロメアという概念に縛られすぎずに、自分の人生をより豊かで幸せな姿であり続けようと私は決意して、読み終えました。

<テロメア関連本>

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 各種お問い合わせはこちら


【広告】「アディポネクチン」に注目したサプリメント