原田隆史(著)『最高の教師がマンガで教える目標達成のルール』から学んで、実践へ

「原田メソッド」を私に教えてくれた、和田みゆきさんに、このエッセンスを学べる書籍を教えて欲しいとお願いしたところ、最新のわかりやすい一冊がある、と勧められました。

原田隆史(著)『最高の教師がマンガで教える目標達成のルール』を読めば、短時間で概要が把握できると聞いて、手にとって急ピッチで読みました。

この本に書かれている「原田メソッド」についてまとめていきます。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は
こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】は
こちら>>

目標を達成するには心が基本になる

目標達成のためには、強いハートが必要。

当たり前すぎる話に感じますが、なかなか、この部分は理解していても実践できないのが、普通の人。

だからこそ、ハートが強い人でなければ、目標は達成できないと決めつけてしまいがち。

原田隆史(著)『最高の教師がマンガで教える目標達成のルール』では、心をつくり、使い、きれいにし、整理して、広く、強くするという流れで構成されています。

マンガのストーリーがあるので、サクサクと読んでいけるというのも、わかりやすい書籍の典型になっています。

心をつくるためには、自分を変えることから

主体変容というい言葉を使っていますが、何かを変えるには、まず、自分から、という基本中の基本からスタートしています。

とかく、人のせいにして、自分を擁護しがちなものですが、あくまで、自分が変わるというスタンスを持つことが重要です。

その結果、考え方や物事に取り組む姿勢・態度を変えることにつながります。

失敗したとしても、結果だけではなく、プロセス向上の足跡や改善行動を見つけることで、肯定的に捉えることができると書かれています。

この心を大切にすることがなければ、一流の人間にはなれない、というのは納得感あふレル話です。

created by Rinker
日経BP
¥1,404 (2019/09/21 18:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

とにかく、目的と目標を明確にして、行動を具体化させる

最近、私自身も、とても気にしているのが、「何のために」という目的の明確化です。

その上で、目標を設定しなければ、途中で迷走してしまう話が多いと実感しています。

さらに、目的と目標を設定する上で大事なのは、自分だけではなく、他社も意識して、見えるもの(有形)、見えないもの(無形)のどちらもバランスよく考えるという「四観点」のフレームワークは、とても参考になるものです。

さらに、行動を具体化するためには、期限を設定したり、毎日続けることをはっきりさせるという点も大事なポイントとしてあげられています。

心をきれいにするって意識してる人は少ないのかもしれない

成長の三原則

・時を守る

・場を清める

・礼を正す

この3つを身につけて、清掃・奉仕活動を行い、謙虚に取り組み、慢心しないことを原田先生は語られています。

身の回りも整理整頓しなければ、心もきれいにならないという話は、本当に関係があるのか、一瞬戸惑います。

ただ、素晴らしい人、目標を達成している人は、実にきれいな環境、心を持っているのは事実です。

小手先のテクニックやノウハウに頼るのではなく、このレベルを目指す姿勢が必要ですから、納得して取り組まなければいけません。

created by Rinker
日経BP
¥1,404 (2019/09/21 18:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

心を整理するためには未来志向でモチベーションを引き出す

さらに大事なのが、過去に囚われずに、未来志向で考えていくというスタンスです。

自分の未来から逆算して、今何をするのかを決めるということから、本当のモチベーションが生まれるので、心を整理していくことが課題になると説かれています。

また、よかったことやありがというと言われた行動などを日誌に書き留めて、自信を高めることで、心は整っていくというアプローチです。

この過去の出来事や経験に引っ張られてしまう部分を切り替えるだけでも、実は、抵抗感があるのではないでしょうか。

また、「ありがとう」と自然に言葉にして相手へ伝えることや、よかったことにフォーカスできれば、人間力の向上している感覚が芽生えるのだと思います。

さらに、心を感謝の気持ちと謙虚な思いで満たして、プラス思考でいれば、ご機嫌な気持ちで生きていられるもの。

この辺りの話も、なかなかできていない人が多いのですが、乗り越えていくことが必要です。

心を強くするには、できることを継続するしかない

ラグビー元日本代表のFB、五郎丸歩選手のキック前のルーティーンを思い出します。

彼は、あの動作を続けて体に染み込ませて、成功するイメージを作ったからこそ、緊張する場面で失敗せずに、活躍をしてきたのです。

無意識になるほど、コツコツとと続けることで、習慣化できれば、パーフェクトです。

でも、実際は三日坊主の連続が人生には多いはず。

ここにへこたれずに、また再スタートすればいいと割り切って挑むことを推奨するのも、原田メソッドの良さの1つだと理解できました。

このコツコツとやっていくことで、真の意味で心が強くなり、目標が達成されていく。

シンプルに書いていますが、ここまで積み上げていくだけでも、本当に大変なこと。

頭では理解できても、実際の行動にまで落とし込めるかどうは個人の努力次第です。

created by Rinker
日経BP
¥1,404 (2019/09/21 18:01:46時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ 心が鍵を握ってる!

何事も、最終的には、心・メンタルが左右するものだとわかってきます。

技やスキル、経験があっても、それを最終形に持ち込むためには、心が鍵を握っているのは、原田メソッド以外の手法、自己啓発本でも表現は様々あれど、書かれている話です。

心が弱いからダメなのではなく、どうすれば、一定の力を発揮できる心が持てるのかを、この原田メソッドを使いながら、実践していくことが、あなたの人生も大きく変えられる道なのかもしれません。

原田隆史さんと原田メソッドの本

created by Rinker
日経BP
¥1,404 (2019/09/21 18:01:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,728 (2019/09/21 21:45:19時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,512 (2019/09/21 11:19:04時点 Amazon調べ-詳細)

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ 

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。