山梨の「ハイジの村」は時間の流れが違っていたような気がします

「アルプスの少女ハイジ」といえば、昭和の感動アニメの1つでしょう。

「クララが立った!」という名ゼリフと、あの大きなブランコに揺れるハイジの映像は強烈に印象に残っています。

今回、私は、山梨県にある「ハイジの村」へ足を伸ばしてみました。

花と幸せのテーマビレッジ ハイジの村

「ハイジの村」というテーマビレッジがあると聞いていたのですが、具体的な場所などまでは知りませんでした。

毎年恒例の町内会のバスツアーの参加も4回目。

以前も、山梨へ出向いて、さくらんぼ狩りをメインにした楽しい時間を過ごしたので、今回も期待感はありました。

合わせて読みたいブログ記事

訪れてみると、静かで広々とした空間で、花に囲まれた敷地をゆったりと過ごせる雰囲気。

展望塔から見た景色は、山に囲まれた自然の中に、リアルなアルプスが存在しているような感覚を味わえました。(行ったことないですけど)

もちろん、ハイジに関する展示やグッズの販売もあり、懐かしい世界を思い出しながら、楽しむこともできました。

決して、ディズニーランド(TDL)のような、派手なアトラクションなどはありません。

お決まりのご当地ソフトクリームで「バラ」味をチョイス。

最近のフレーバーを利用するやり方はすごい?!

いやいや、美味しかったですよ。

もう1回、ハイジの村に行くかどうかは微妙です。

でも、お花の管理など施設を綺麗に扱って、迎え入れてくれる皆さんのあたたかさには、もう一度触れてみたいので、ご縁があれば、再訪するかもしれません。

ハイジの村 について

住所 山梨県北杜市明野町浅尾2471
電話 0551-25-4700
交通アクセス JR中央線韮崎駅〜茅々岳・みずがき田園バスで30分(季節運行)
JR中央線韮崎駅〜タクシーで20分
中央自動車道韮崎I.C.〜車で15分
中央自動車道須玉I.C.〜車で10分
入園料 高校生以上:個人700円・団体560円
中学生・小学生:個人350円・団体280円
※団体割引は20名様より
※価格は全て税込です。
・次の方は無料です。
障害者及びその介護者
土曜日に利用する小・中・高校等の児童、生徒、小学生未満のお子様
・愛犬と一緒に入園できます。
(制限、条件があり、エチケットセット300円の購入が必要です)
開演時間 9:00~18:00(季節により変動)
定休日 1〜3月の火曜(変動あり・火曜日が祝日の場合開演)
URL http://www.haiji-no-mura.com/

ハイジの村へ行かれた方の声

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ 

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。