<山梨>日帰りバスツアー参加

今日は、地元の町会の日帰りバスツアーで山梨まで行ってきました。

2年前の夏も、バスツアーで出向いた山梨県。
自然に溢れて、のびのびしている雰囲気が好きです。

リニアモーターカーに、いつ自分は乗れるのだろう?

まず、最初に訪れたのは、山梨県立リニア見学センターです。

image

山梨にリニアの実験施設が出来て、もう四半世紀近くになります。

私が子供の頃から、夢の乗り物、”リニアモーターカー”は、ワクワクするものでした。きっと、大人になれば、全国あちこちに、すぐに移動できるはずだと期待していました。まだ、正式には導入・運行はされていません。(2027年 品川ー名古屋間で開通予定)

リニアの仕組みについては、私のような文系人間には、語り尽くせないので、こちらを見て、ご参考になってください。

超伝導磁石を用いて、実際は、タイヤというよりは、宙を浮くことで、時速500キロを越すリニア新幹線を誕生させようとしています。

「ほとんどがトンネル内を走るようですが、一瞬だけ富士山を見ることが出来ます。1秒ほどらしいです。」

本日のバスガイドさんの解説を聞きながら、高速地下鉄みたいなイメージで、旅を楽しむという乗り物ではないことは間違いありません。

名古屋、大阪間を1時間以内で結ぶようなことができれば、経済圏は大きく変わるでしょう。東京への一極集中のような話は、消えてしまい、大阪から東京への通勤も可能になる時代がやってきます。その頃、通勤するスタイルが良いのか、よくわかりません。また、建設費を考えると、いったい、片道いくらの料金が見込まれるのか。

土日は、リニアへの試乗ができない為、施設内の見学に留まりました。

新しい技術が、社会を変えるとしたら、ワクワクするのは人間の本質なのかもしれません。

さくらんぼ狩り 30分1本勝負!

その後、ホテルで、美味しいお食事を頂き、次に向かったのが、さくらんぼ狩り(30分食べ放題)です。

image

さくらんぼをお腹いっぱいに食べるという経験は、今まで一度もありません。

私も、無我夢中で、食べ続けました。
(30分で30個は食べました)

image

さくらんぼは、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるミザクラの果実。
効用は、疲労回復・美肌効果とされ、甘酸っぱくさわやかな味わいで人気の高いフルーツです。

子供には大人気です。娘は、脚立に昇ってまで、ずっと食べてました。

低いところにある実よりも、高いところのほうが、甘みが強く感じられました。

もちろん、お腹いっぱいになったうえで、お土産として、購入。

「フルーツ王国やまなし」と語るだけに、各種のおいしい果物がたくさんあります。

山梨といえば、ワインも美味しい

そして、マンズワイン勝沼ワイナリーを見学し、ワインの試飲。

image

豊富な種類のワインを味わえました。あまり、得意ではないので、舐める程度でしたが、甘口ワインは飲みやすかったです。ワイン好きの方には、最高な施設だと思います。(試飲スペースは大混雑でした)

キムチメインの漬物屋 昇谷(しょうや)で試食と値引き売り

最後には、お土産屋さん、というのは定番コース。

つけものセンター昇谷(しょうや)さんへ立ち寄りました。

元祖 薬膳白菜キムチが美味しくて、バクバクとつまんで、もちろん、お買い上げしました。

image

スーパーの市販のものと何が違うのかと、調べたところ、体に優しい8種の野草と木の実(柿の葉、どくだみ、熊笹、あまちゃづる、鳩麦、グァバの葉、クコの葉、松の実)もブレンドしており、甘味と旨みがたっぷりのキムチであることがわかりました。

辛いだけのキムチは、いろいろと食べたことがありますが、この風味というか、甘みも感じる部分が良かったのかもしれません。

一日満喫のバスツアーは、事故やトラブルさえなければ、お気楽に参加できますし、のんびりと楽しめます。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。