サンタクロースは、煙突がない家にどうやってプレゼントを届けに来るの?

12月に入って、私が子どもの時、両親や大人に尋ねたとの同じ質問が脳裏に浮かびました。

「サンタクロースは、煙突がない家にどうやってプレゼントを届けに来るの?」

このことを真剣に考えてみたいと思います。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

「サンタクロースは、煙突がない家にどうやってプレゼントを届けに来るの?」

サンタクロースって、どんな人なんだろう?

そもそも、サンタクロースには謎が多すぎる。

よし、私が疑問を3つあげて考えてみることにしました!

疑問その1:サンタクロースはプレゼントの希望をどうやって聞くのか?

疑問その2:プレゼントをどうやって集めて、クリスマスに届けるのか?

疑問その3:どうやって子どもたちの家に間違わずに届けるのか?

疑問その1:サンタクロースはプレゼントの希望をどうやって聞くのか?

そもそも、サンタクロースにどうやって、自分の希望するプレゼントを伝えていましたか?

手紙を書いて送る。

確かに、それは王道かもしれないけど、宛先はどこ?

ちなみに、世間一般では、親御さんや周りの大人がさりげなく、希望のプレゼントを聞き出しているようです。

としたら、この大人たちが、スマホやタブレットを使って、「サンタクロースのプレゼント希望の依頼サイト」に発注依頼をかけているのでしょうか?

いやいや、サンタクロースにはテレパシーがあって、子どもたち、大人も含めて希望のプレゼント情報を収集するテクニックがあるはず。

少なくとも、事前に子どもたちとサンタクロースがLINEで情報を交換したという話は聞いたことがありませんね。

あわせて読みたいブログ記事

疑問その2:プレゼントをどうやって集めて、クリスマスに届けるのか?

トナカイのソリに乗って、サンタクロースが子どもたちにプレゼントを届けてくれる。

ステキな話だけど、そもそも、サンタクロースさんは、プレゼントと届ける先の住所などを間違うようなことはないのだろうか?

迷ったり、間違っていると、あっという間に夜が明けてしまうのだから、無理がある。

ここは、私の仮説だけれども、おそらく、倉庫会社と運送会社との協力体制を組んでいると予測しています。

サンタクロースの弟子たちが、12月に入ったら、配送先のルート単位にプレゼントを分けて、袋に詰めてひたすら用意をしてくれています。

もしかすると、サンタクロースの弟子たちは、24時間交代シフトでフル稼働かもしれません。

プレゼントは期日指定だから、相当大変なはず。

もしかすると、建物の前までは運送会社のトラックで、そこから、サンタクロースたちが別れて、個別のエリアを回るのかもしれない。

間違って、普通の荷物を届けたりすると、大混乱しちゃいますね。

あわせて読みたいブログ記事

◆ サンタさんへ「地球儀が欲しいと手紙を書いた」って聞いたんだけど

疑問その3:どうやって子どもたちの家に間違わずに届けるのか?

これは簡単、Googleマップを使い、プレゼントと紐付くタグがあるので、間違わずに届けることができるでしょう。

ポイントは、 玄関先まで届けられるかどうか。

不在票なんて入れてたら大変。

時間指定で届けるのも難しそう。

ピンポーンなんてチャイムを鳴らしたら、受け取りに子どもが出てきて、サンタクロースと遭遇したら、大興奮。

おそらく、届けたら玄関先で何かの合図で大人に伝えるのでしょう。

タイミングをずらして、大人もプレゼントを預かる感じ。

家の中まで入っていたら、大変ですよね。

煙突のある家なんて、今の日本にはないですから。

あわせて読みたいブログ記事

ここまでは予想・予測の話で実際のところは、ちゃんと確認しないとサンタクロースの謎は解けない

ものすごく調べたけども、どの情報も確信が持てず、ここまで書いたサンタクロースさんの3つの疑問は、予想・予測の域を出ない話です。

是非、オフシーズンのサンタクロースに取材して確認したいと思います。

え?それすら極秘にしないといけないの?

サンタクロースって秘密主義な存在だから仕方ないのか。

終わり。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。