濃厚接触ができない恋愛中のあなたへ

最近、熱愛報道なんて耳にしなくなったのは、濃厚接触ができないからじゃないだろうか。

考えてみれば、熱病にうなされるような恋愛のホットな期間がありますよね。

今、濃厚接触ができない恋愛中のあなたがどうすればいいのか、考えてみました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

カップルがベタベタしているのを見かけないですよね

コロナウイルスの一連の流れの中で、人混みが、イベントが、という話も頻繁に聞くのですが、見かけなくなったものが1つあります。

人前でベタベタしているカップルたち。

彼らは、どこに行ったと思いますか?

オンライン恋愛って続くのか?

会社の会議もオンラインツール、イベントもオンラインにシフト。

とすると、恋愛もオンラインになればいいのかって話になります。

会議とか、プライベートな世界で、密集環境で人と人の距離が近すぎると、少しだけ抵抗感を持ちませんか?

通勤ラッシュの中での、あの他人との距離感。

同性・異性関係なく、どうにも嫌な近さですよね。

恋愛だとどうなるか。

色々なケースがあるでしょうけども、本来、触れ合えるぐらいの近さがあっても問題なし。

だから、恋愛しているのでしょうけど。

とすると、オンライン恋愛ってどうなるのか。

ビデオツールで顔を見てればいい?

それって、少し前の二次元の世界の相手に惚れてしまう、オタクなどと揶揄された人たちと近くないですか?

だって、立体的な距離感がないですから。

VRやARを恋愛に求めたいとは思わないですよね。

リアルな人間との恋愛ならば。

文通や遠距離恋愛があったんだから大丈夫でしょ

常日頃、近い距離感にいる恋愛ばかりじゃない。

古くは文通、20世紀の終わり頃なら、メル友、など、文字情報で相手とやり取りする関係って、恋愛の中で、ソワソワ、ドキドキするものでしたよね。

インターバルがあって、その間に、自分が相手に何を伝えるのか。

相手が自分をどう思っていて、何を伝えたいんかを想像する感覚。

即レスが当たり前の時代だからこそ、タイムラグがあったら、不安になってしまう人もいるのでしょう。

ベタベタする親密な関係でも、遠距離恋愛だったら無理でしょ、というご意見もある。

物理的に離れているのだから、電話(テレビ電話含)で、声のキャッチボールが中心になる。

いやいや、ツールの問題じゃなくて、心や体の相手との距離感でしょってご意見は、ごもっともです。

あわせて読みたいブログ記事

近くで触れ合える関係って、特別なもの

プラトニックラブを否定しないし、妄想的な片思いも否定しません。

本来は、近くで触れ合える関係って、特別なもののはず。

相手への信頼と親愛があるからこその距離感ですから。

今は、制限がかかる状態ならば、相手のことを心底考えることで、脳とハートの距離感を近づけるしかありません。

だって、当別な関係の相手のはずですから、濃厚接触を常にしたいような相手ですよ。

こんな時、相手を思って、自分を磨こう!なんて当たり障りのないことも簡単に書けます。

妄想的に相手と触れ合っている姿をイメージしたって構わないです。

特別な相手のことを大切に思うなら、今は、安全安心を優先した、ソーシャルディスタンスや接触頻度を減らすしかありません。(同棲中の方、既婚者は無理ですけども)



毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。