【映画】『聖の青春』(2016年公開)は、松山ケンイチの棋士の演技にリアルティがあった!

羽生善治と互角に渡り合った村山聖。

彼の短い生涯を取り上げた、映画『聖の青春』をAmazonプライム・ビデオで視聴しました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

松山ケンイチが体重を増やして、村山聖になりきっていた

将棋のことなんかわからないと、楽しめない映画なのではないだろうか。

そんな印象は、吹き飛ばされたのは、松山ケンイチが体重を大幅増量して、村山聖さんになりきっていることが全てでした。

29歳で亡くなった、彼の人生をノンフィクションの原作を描いた映画だけに、リアルティがなければなりません。

羽生善治の仕草や雰囲気を完全にコピーしきった、東出昌大さんもいいアクセントが付いていました。

将棋の世界に自分の命をかけて、燃え尽きた存在だけに、心に刺さる作品でした。

created by Rinker
¥407 (2021/06/23 22:00:25時点 Amazon調べ-詳細)

真剣勝負の棋士たちの戦いと心の動きが丁寧に描かれる

実は、映画『聖の青春』の前に、『3月のライオン(前後編)』を見たのですが、棋士の世界の緊迫感などに関しては、雲泥の差が出ました。

ストーリーとしての違いがあるので、優劣をつけるものではありませんが。

あわせて読みたいブログ記事

双方の作品に、染谷将太さん(奥様が、菊地凛子って知ってましたか?)で、彼のキャラクターの濃い演技がアクセントになっていました。

将棋を指す時の表情、指先の動きなどは、ものすごく気を使っているので、真剣勝負がスポーツの戦いとも思えるほどの熱量が伝わってきました。

映画公式サイト

◆ 聖の青春

命を賭けて勝ちたいという強い思い

村山聖さんの命を賭けても勝ちたいという強い思いが伝わりながらも、お酒を飲みすぎたり、人間として少し異質なところがあっても愛されるキャラクターだったのだとわかります。

一人の人間が、自分の全てを投げうって、ここまで没頭できるというのは天才にしかできない世界なのだと伝わります。

もう少しだけでいいから、彼に将棋を指す時間を与えてあげたかったと誰もが思えたのではないでしょうか。

created by Rinker
¥407 (2021/06/23 22:00:25時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。