【映画】「ライオン・キング」は フルCGの質が最高だった

最近、映画のCGレベルは実写と遜色がないものが増えています。

ディズニー映画「ライオン・キング 」を見て、そのクォリティの高さに驚きつつ、ストーリーが、あの作品を彷彿させたことを思い出しました。

手塚治虫の「ジャングル大帝」のアニメ版の記憶が蘇ったのです。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

映画「ライオン・キング」のCGの質は高すぎる

なぜ、ディズニーが「ライオン・キング (吹替版)」をCGを駆使して実写化したかったのだろうか。

この疑問が残っていたのは、全編動物しか出てこないストーリーなのに、最新技術を駆使してまで、わざわざ製作した理由がわからなかったのです。

15年ほど前に作られたアニメ版の「ライオン・キング」も素晴らしい作品でした。

どちらの作品も、自然の中で生きる動物たちの姿を描きつつ、人間の感情移入ができやすい設定になっています。

完全に、自分が自然の中で、ライオンたちと一緒に生きてるような錯覚を生み出すぐらい、CGのレベルは高く、入り込める作品でした。

created by Rinker
¥399 (2020/07/15 01:48:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥300 (2020/07/15 01:48:48時点 Amazon調べ-詳細)

ストーリーとしては、正義が勝ってハッピーエンド

ストーリーとしては、有名すぎるので、詳細は割愛しますが、正義が勝ってハッピーエンドを迎えるという点は、ディズニーらしい物語です。

主人公が追い込まれて、そこから這い上がっていく姿、そして、心地よいゴールにたどり着く展開に、文句はありません。

シンバ、ナラ、ムファサ、スカーなど、リアルな人間社会に置き換えても成り立つ、わかりやすいキャラクターたち。

ここには何の違和感もありません。

素晴らしい、エンターテイメント作品です。

手塚治虫の「ジャングル大帝」の記憶が蘇る

ただ、私には、この「ライオン・キング 」に違和感があったのです。

人間も登場してくるストーリーだったような記憶が残っていたので、色々と調べてみると、「ジャングル大帝」のアニメに至りました。

手塚治虫作品として、「鉄腕アトム」より前に世に出された作品です。

ストーリーを追いかけてみると、動物以外に人間も出てくるストーリー設定でした。

これだ!自分は、「ライオン・キング 」の世界観に、人間との接点がないことが、しっくりと来ていなかったのです。

人間が動物の世界を思い描くのは、ドキュメンタリー的な番組で、彼らの言葉や思考はわからないまま、想像力を働かせるものを見慣れてしまっています。

人間的なコミュニケーションんを取って、見ている自分も人間なのに、全く人間が出てこない作品の「ライオン・キング 」は、リアルに近いのだと思います。

一方で、「ジャングル大帝」は、動物が人間の言葉を理解するなど、少し無理のある設定。

昭和後期の子どもの一人だった私には、ノスタルジーを感じるのは、「ジャングル大帝」の残像でした。

あわせて読みたいブログ記事

◆ 【映画】「アナと雪の女王2」は大ヒット中!エルサの魔法の力の秘密が明らかに!

created by Rinker
¥300 (2020/07/15 01:48:49時点 Amazon調べ-詳細)

◆ 間違いなし!2017年最大のヒット洋画「美女と野獣」〜アニメの実写というよりも、ミュージカルの映像化〜

created by Rinker
¥299 (2020/07/14 18:23:08時点 Amazon調べ-詳細)

◆ 映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

鉄板のディズニー作品は、ファミリーで楽しめるけど、何かが足りないような気がする

勧善懲悪で、不幸で大変な主人公が勇気を振り絞り、悪に勝っていくという、ディズニー作品の鉄板なストーリー構成には何の不満もありません。

ハッピーエンドで終わるのも嫌いではありませんし、世界的に支持されている理由でしょう。

一方で、商業ビジネスとして成功しているディズニーによって、私たちは、鉄板なものが好きだと擦り込んで思わされているのかもしれない、という邪な疑問が湧いてきました。

家族で楽しむには、「ライオン・キング 」は良い作品ですよ!

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。