内海聡(著)『医師が教える新型コロナワクチンの正体』を読んで、ワクチン接種するかどうか考えてみよう

内海 聡(著)の『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』を読んでからコロナワクチン接種を考えた方がいいと知人に言われて、急いで、Kindleで手に入れて読みました。

コロナワクチンについては接種することが最大の予防策と謳う政府・医療関係者がいて、この情報をメディアが流すことで、高齢者を中心に、接種が急速に進んでいます。

ただ、今回のコロナワクチンは、今までのワクチンとは異なる新技術が使われていることや、動物実験や治験が足りないまま、本格スタートしているという意味で危険性を語る方もいらっしゃるのは事実。

尖った意見を読むことで、一旦、頭の中を整理したものをまとめてみます。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

ワクチンは万能説は疑わないといけないかも

ワクチンに期待して、コロナを終息させたいという政府関係者の言葉を、何度も耳にしてきたので、誰もが、絶対的なエースとして待ち望んでいました。

果たして、ワクチンという存在は万能と言い切れるものなのでしょうか。

※ 医学的見地での専門性については、本書をじっくり読んだり、ご自身で調べてください。

新技術を導入してコロナワクチンはスタートしたものの、本当に安全なのかはわからない

コロナワクチンは、コロナ感染の蔓延を防ぐために最善の策だと語られて、待ち望む空気感をを拡げるキャンペーンが展開されていたような気がします。

歴史上の話で言えば、戦艦大和がやってくれば、この窮地を救ってくれると信じるようなもので、絶対的な存在だと過度に期待すると、残念な結果が待っているものです。

「さて、新型コロナワクチンで新しく導入された技術は、「遺伝子合成技術」と呼ばれるものです。このワクチンには生きたウイルスも、不活化されたウイルスも入っていません。では何が入っているのかというと、「新型コロナウイルスだと思しきウイルスの一部分を、人間の細胞でつくり出すように指示を出す遺伝子」なのです。この技術を使ったワクチンをmRNAワクチンと言います。なんと曖昧でわかりづらいのでしょう。」(『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』より)

mRNAワクチンという遺伝子をコントロールして作り出した技術を用いたワクチン。

当然、今まで人類で効果を試したことはありません。

理論上、効果があると期待できるという話だけで、人体にこのワクチンをどんどん打ちまくるというのは本当に安全と言えるのでしょうか。

※ 私個人はコロナワクチン反対派ではなく懐疑的な目線も持つ一般市民です。

そもそもコロナウイルスの存在が特定されているのかどうか

色々と調べていくうちに、コロナウイルスの存在が医学論文として特定している(確定している)のかが、曖昧であるという話が、本の中で書かれていて、驚かされました。

誰もが、世界のコロナ騒動に巻き込まれてる前提として、この世の中に新型コロナウイルスが存在していることが大前提です。

どうも科学的にコロナウイルスの存在が特定されていないという話が出てくると、何を信じたらいいのかがわからない。

その上で、ワクチンのことを考えると、一体、何に向けて作られたものなのか、意味がわからなくなります。

陰謀説の方々の話を称賛する立場ではないですが、どうも、全体として、何が真実なのか、どこからが推測なのか、どの情報が真実なのかが不明瞭だと言わざるえません。

今回のコロナワクチンが怖い理由とは

コロナワクチンの潜在的な危険性は、この本の中で、色々な角度で語られています。

100%信じれるのか、と問われると、今までの内海さんの著者や主張から判断するしかありません。

おおよそブレていない主張という意味で信頼に値しますが、彼の主張を証明しきれる材料が揃っているとも感じません。

「テレビや新聞で新型コロナが怖いと煽っているのには理由があり、繰り返しになりますが、「超監視社会」をつくるという一つの方向性ではないかと思います。」(『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』より)

医学的な検知というよりは、この「超監視社会」という方向性への危惧です。

プロセスとして、複数の考え方が違う専門家の意見を議論した様子が見えないことが、不信感につながっていると感じます。

どうして、一方向にだけ固めてしまうのか。反対側の意見や疑問に対して、丁寧に話し合うだけの時間は十分にあったはずなのに、割愛している点が最大の問題です。

だからこそ、「超監視社会」という話まで内海さんが持ち出している背景を想像してみます。

尖った情報だけに振り回されず、目的とゴールを冷静に見据えよう

新型コロナウイルスは、感染拡大と死者の数字を追うと、不安に襲われるものの、一体、何が真実なのかという冷静な目を持とうと意識しなければなりません。

メディアや専門家・ジャーナリストの尖った情報に飛びついてしまうと、本来の目的とゴールを見失います。

私たちは、健康で安心できる社会に生きていくことが大切なのであって、ワクチンとマスクが人生で重要なものと断言するのはおかしいと感じる感覚を失ってはいけないのです。

賛成・反対、推奨と懐疑の両面の意見や主張をぶつけ合って、より正しくて、ベストだと信じられる方向性を見つけていきましょう。

私個人としては、コロナワクチンを打つ、打たないを決めかねています。まだ、判断材料が足りないと感じているので。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。