逆算しながら、時間管理をしてみると、何かが変わる!

ビジョン(夢・目標)を実現する時間管理シートを使う!

今まで、自分の手帳やスケジュール管理を色々工夫してきたものの、どうも、うまくいきませんでした。

今は、タイムスケジュールとしては、絶対に忘れない為に、Googleカレンダーを利用しています。誰もが知っている便利なツールです。iphoneで予定を入力・確認できること。クラウドなので、インターネット環境があれば、どんな端末でもチェックができます。
忙しくなってくると、予定のダブルバッティングなどの事故が起こりがち。随時、予定を確認・チェックすることができます。もし、手帳などを紛失しても、困ることがありません。

ただし、これだけでは、日々の予定・スケジュールの管理しかできません。
本当にやりたいこと、目指したい夢や目標とスケジュールがリンクしないのです。

来年に向けて、自分の夢を叶える為に、逆算手帳を使う準備を進めています。
この逆算手帳をサポートするのが、逆算ウィークリーというシートです。まずは、手帳を書き進めながら、週単位のスケジュールに落とし込んでくる為に、使用しています。

GYAKUSAN Weekly(逆算ウィークリー)

image

実際に使用して4週目になります。
最初の頃は、日々の時間管理しか書き込めませんでした。その頃は、逆算手帳のLife Visionも、その前提になるMy Wish List100も、準備が整っていませんでした。当然、各逆算シートも15ヶ月ガントチャートも作成準備中です。

逆算手帳の下書きをはじめていくうちに、この逆算ウィークリーも使えるようになってきました。自分の夢を実現するために、何をいつまでにやっていくのか、ということを逆算していくと、10年、年、月までおおよそ、落とし込みができて、週単位のレベルでやりたいことが明確になってきます。

やらなければいけないことだけでなく、未来の自分の為に、今、やりたいことをスケジュールに組み込んでいきます。

余裕を持っていたはずのスケジュール管理に、長期的なプランへの逆算が入ってくると、時間軸が立体的な予定に変わってきます。予定と実際の行動を比較すると、計画に無理があったことに気づいたり、無駄なことをやらないように自己管理ができるようになりつつあります。

時間は、誰にも平等に与えられるものですが、どう使うか、は個人差が出てくるものです。1年、1ヶ月、1週、1日、1時間、1分、1秒の積み重ねが、自分の人生を変えていくと思うと、緊張感も持ちながら、日々を過ごしていくことができます。

ビジネスパーソンであれば、年末に向けて、予定が埋まって忙しくなってきてますか?来年の手帳は用意してますか?将来の夢のために、逆算思考を取り入れてみたいということであれば、逆算手帳はオススメです。一緒に書いてみませんか。

created by Rinker
¥1,540 (2020/11/30 20:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。