忘年会時期に注意することは?

忘年会のピーク時だけに

12月20日前後といえば、世の中の忘年会ピーク時期です。
連日連夜、続いて疲弊していきます。お財布も、身体も。

それでは、この時期ゆえの注意事項はなんでしょうか?

・ダブルブッキング

あちこちに呼ばれて、宴席に参加する毎日が続いていると、ちょっとした確認ミスで、同一日程でバッティングしてしまうものです。しっかりと個人でスケジュール管理を図ることはビジネス同様に必要です。掛け持ちするというのも手ですが、楽しめないという可能性も高まります。

・飲みすぎと疲れからくる体調不良

寒い時期で、風邪などを引きやすくなります。そこで、連日の飲み会(忘年会)が続くと、疲れが蓄積されていきます。年内に処理しなければいけないことがあるのに、体調を崩すことで、翌年のスタートダッシュにも悪影響を及ぼします。

・忘れ物・紛失

飲み会の会場は人の出入りも多くなり、カバンなどの荷物を取り違えたり、忘れるということが発生します。また、お酒を飲んでいるだけに、紛失したことさえ、記憶にないという残念な結果も見受けます。余計なものを持ち歩かないという点もポイントです。

・オーバーウェイト!!

女性だけでなく、男性も含めて、この時期に、楽しい飲み会、忘年会が続くと、明らかに食べ過ぎ、飲みすぎにつながり、オーバーウェイトになります。年明けに反省するぐらいなら、日々、体重を確認するなどのルーチンをこなしていきましょう!

・終電&トラブル

時を忘れて楽しんでいると、終電を逃す失態をされた方もいるでしょう。終電後は、タクシーや、簡易な宿泊施設、さらに飲食という形になり、翌日まで響きます。
また、終電間際には、酔っ払いたちのケンカであったり、トラブルも起きます。時間や状況を冷静に捉えながら、楽しむという余裕を忘れずに。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さん、忘年会は、大きな失敗をしないで、場を楽しみつつ、翌日以降に影響しないスタイルを定番にしていければ、今年の終わりも素敵な着地になります。

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。