タニタの体重・体組成計「インナースキャンデュアル」でダイエットと健康のサポートに活用!

ダイエットは、目に見える数字がないと実感が湧きませんし、軌道修正もできません。

しっかりやるならば、体重計よりも、体組成計で毎日、体重を測って、データを蓄積することが必要です。

今回、タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ホワイト RD-906‐WH を購入し、アプリをセットにして、継続するダイエットを始めています。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

到着!タニタの体重・体組成計 インナースキャンデュアル

我が家の体重・体組成計が古くなってきたいたので、新しいモデルの体重・体組成計を購入しました。

自分自身のダイエットプロジェクトを気持ちの上でも盛り上げていくには、必要経費と判断しました。

タニタ 体重・体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ホワイト RD-906‐WH

見た目がスタイリッシュです。最高品質の機種まで求める必要はないので、このRD-906シリーズで、私は十分です。

測定出来る項目が豊富なのが特徴です。

体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、筋肉スコア、筋肉点数、内臓脂肪レベル、推定骨量、体水分率、基礎代謝量、体内年齢

この中で、重視したい項目と言えば6項目
体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢

痩せても筋肉量が減るのは危険ですし、体脂肪の量、体内年齢や基礎代謝の推移をしっかりと見守りながら、ダイエットを続けようと決めました。(安い買い物ではないのですが、自己投資の一環と腹をくくりました)

スマホアプリとのデータ連携が便利!

現在の活動量計もBluetoosh連動型なので、データ管理がアナログでできる点が気に入っています。

ただ、オムロン製なので、今回のタニタのアプリと連動しようと思うと、買い替えなければいけない状況には困りました。

当面は、手動でデータ投入をして、HealthPlanetで管理していこうと決めました。

当然、自動でグラフ化もしてくれるので、スマホ上で常に状況を把握できるし、データエントリーに関するストレスからフリーになれます。

新しい玩具と思われないように、実際のゴールまでに、このパートナーたちと一緒に気持ちをもり立てて頑張っていきたいと思います。

いつか、このアプリが、もっと話すようなAI機能がつく日がくるのでしょうね。

「もう少し、運動しないとダメですよ。」
「ちょっと、ちょっと、食べ過ぎですよ。」

完全なるプライベートコーチ的なイメージです。

その時代がやってくる前に、自分はダイエット成功者になろうと決めました。

ビジネスパーソンの皆さん、自分の身体のコンディションはいかがですか?若い頃より太ったとか、鏡の前に立った自分に溜め息をつく暇があるぐらいならば、是非、一緒に体を若返らせる為に、ダイエットしましょう!

<タニタのグッズ・関連本>

created by Rinker
ミツハシ
¥3,163 (2022/05/24 12:35:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タニタ(TANITA)
¥5,300 (2022/05/24 14:26:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
大和書房
¥1,257 (2022/05/23 14:34:18時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。