シャチって、すごいなあ〜!感動! in 鴨川シーワールド

シャチに会いたくて、鴨川シーワールドに!!

「鴨川シーワールド」の存在は知っていたものの、調べてみると遠い、遠すぎる。

君津ICから房総スカイライン・鴨川有料道路経由で行くとなると、千葉県内の外房だけに出かけるには不便な場所にあります。(地元・周辺の方、ごめんなさい)

水族館といえば、都内であれば、品川、葛西、東京スカイツリーなど各所にあり、どの施設も清潔でキレイです。魚・海洋生物たちを見るには、どの施設も甲乙つけがたい。

1970年設立の「鴨川シーワールド」。千葉の海辺の水族館。江ノ島水族館と比べると、やはり交通の便で一歩引いてしまう。鴨川シーワールドホテルを併設することで、宿泊とセットで楽しむという特徴を持っています。

施設に到着してビックリ。メインゲートが立派で、テーマパークそのもの。

ホテルまで含めると4つのゾーンに分かれています。
しかも、3つのスタジアムという形で広々とした環境。

今回は、オーシャンスタジアムでのシャチパフォーマンスをメインで見ると決めていました。

イルカのショート比べると、シャチのスケールの大きさは格別。

スタジアムの前7列ぐらいまでは、ポンチョ等の対策をしている観客でいっぱい。

私は、高い場所から俯瞰して見たかったので、立ち見を選択。(濡れたくないと家族が希望したことも影響)

ショーが始まると、シャチとトレーナーの見事な動きに感動。

海の王様として、獰猛なイメージもあるシャチが、ここまで人間と一体になれるのはどうしてなのでしょうか。

お決まりのジャンプ!!ものすごい勢いで水が飛びます。

この雄大なパフォーマンスの感動は忘れられません。

シャチたちを狭い環境で、芸をさせてかわいそうだ!と批判する人もいます。大海原で自由に生きることに比べれば、飼育されている環境は限定されているのでしょう。

私は、目の前で、安全に楽しく見れるというメリットに満足できました。

動物とのふれあい体験として、イルカやアシカ、ベルーガにタッチできるのですが、やはり、シャチにはタッチできる企画はありません。(何らかの危険が伴うリスクがあるのだと思われます)

首都圏内でシャチに会ってみたい方は、一度、足を運んでみませんか?

私も家族も満足できる鴨川シーワールドのレポートでした。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら