アフィリエイトのためのブログの書き方の秘密を知りたいなら、この1冊!

アフィリエイトで稼げる、稼げないの分かれ目は、能力と労力に知識・情報が組み合わされ、運もあるだろうけど

ブログをやっているのだから、アフィリエイトで稼ぐのは当然でしょう。

私の周りでブログをやっている方は、おおよそ2つのタイプに分かれます。「ブログで稼ごう!」の方と、「自由にブログを楽しもう!」の方です。

とにかく、在宅などで簡単に稼げそうなので、アフィリエイトのためにブログをスタートさせている方の場合、完全に個を消して運営しているケースが目立ちます。

自由に楽しみたい派であっても、1本のブログ記事を書くのには内容、長さに関わらず、ある程度の時間は投下しなければいけない。ブログ記事数・更新頻度が積もり積もれば、相当なボリュームになってきます。

そこまで手間暇をかけるなら、アフィリエイト(Googleアドセンスも含む)で、運営コストぐらい負担できるようになりたいと思うのは、当然の話。

私も、少しだけ欲が出てきています。ただ、主目的にする意図はありません。あくまで、楽しくブログを書いている延長で少しでも収益が出たら嬉しいレベルです。(いつか大きく考え方が変わるかもしれませんが)

アフィリエイト向けとなるとブログの書き方、運営の仕方が変わってくる、自分と立場やスタイルが似た方の情報を参考にしたい、と思っていたタイミングで、しっかりとわかりやすく書かれている1冊を紹介してもらえました。(献本)

『無理なく続けられる! 副業でも充分稼げる アフィリエイトのためのブログの書き方講座』鈴木利典

入門書レベルではつまらない。専門書過ぎるとマニアックすぎて、理解がついていかない。いわゆる、中途半端な立ち位置にいる、私のようなブロガーには最適でした。

11章から校正されており、基本的な部分から解説があり、SEOを含めた書き方、読まれるブログの書き方、アクセス解析、法律関連。

ここまではスタンダードな内容に、BINGなどのことも踏まえた最新情報を反映している点もわかりやすくて、すらすら読めます。

全体としてハードすぎる内容ではなく、「無理なく続けられる!副業でも充分稼げる」というタイトル通り、ステップアップしていくことを前提なので、自分の足りない知識やノウハウ・手法の部分には付箋を貼ったり、メモをしていけるので、掘り下げて調べる点が見えてきます。

【PR】翔泳社の通販 全国送料無料!IT書、ビジネス書、資格書が豊富なSEshop であれば、注目される本がたくさんあります。私も、何冊も読んでいます!


後半3章がとても良かったのでオススメ!

『無理なく続けられる! 副業でも充分稼げる アフィリエイトのためのブログの書き方講座』の後半3章がとても良かったので、この部分だけでも読むことをオススメします。

第9章 振り返りをしてレベルアップをしよう

第10章 モチベーションを高め継続しよう

第11章 ブログ・アフィリエイトの向こう側へ

アフィリエイトのためのブログに関わらず、PDCAサイクルのように、振り返りをしてきながら、着実に成長していける工程を丁寧に書いています。リライトすること、編集すること、信頼を得るためにやること、収益が出たら投資をしたり、ツールを使いこなすこと。

一緒に取り組む仲間を得たり、セミナーなどのイベントにも参加するように、というのも納得感があります。どうしても、ブログを書くというのは、個人でコツコツとやる感覚が強いため、迷ったり、困ったときに支えてくれたり、応援してくれるパートナーは必要になります。ここまでオープンに経験をベースにかけるのは、鈴木利典さんらしさなのかもしれないと感じました。

<ビギナーレベル向き アフィリエイト&ブログ関連本>

created by Rinker
¥1,706 (2019/04/24 21:38:15時点 Amazon調べ-詳細)

関連ブログ記事

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら