井伊直虎で盛り上げてきた浜松市は、2018年以降どうなるのだろう?

日帰り出張で初上陸!浜松で感じたこと

先週末、日帰り出張で浜松まで足を運びました。
今年、静岡西部の浜松市は、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で街が賑わっています。

大河ドラマの影響は、各地に観光客を呼び込むパワーがあります。
もちろん、当初から人気が出るかどうかは重要です。古くは視聴率という軸がポイントになってきました。

全く無名に近い史跡が脚光を浴びて、一時的に人気スポットに変わるという話は耳にします。ブームになるスポットの鍵は、定着できるかどうかに鍵があります。

「ゆるキャラ」や出演者の人気度、プロモーションだけを頼りにしていると、熱が冷めるのが早く、忘れられやすいという地域・街を多く見かけます。
(数年後に、当時のポスターが色あせて残るというのが、時の流れの長さを感じます)

その点、浜松という土地はどうなのでしょうか?

うなぎパイに、浜松餃子、という人を引き寄せる食べ物があり、浜名湖、天竜川などの観光地もある。スポーツとしても、ジュビロ磐田があるので生き残りは出来そうな地域。家康や井伊家の歴史的ストーリーも加味すれば最強に。

と言いたいところですが、浜松駅周辺を実際に歩いてみて、どこかに似ているという感覚が残りました。

東海道新幹線の「こだま」や「ひかり」の停車駅は駅前はランドマークなビルがあったとしても、本当の意味で注目される目玉がないと埋もれてしまう。

とある町のお祭りの日程を、毎年日付で決めていた慣習を、金・土・日の週末3日間に固定するという変化を与える話を聞きました。

歴史や伝統よりも、お祭りを見に来てくれる観光客や参加してくれる人の都合を優先する英断ができるかどうか。

私が、もし、町の活性化アドバイザーならば、「日本で一番のサードプレイスな町を作ろう!」と提案するでしょう。
現時点で、具体的な案は何もありませんが、他の場所でやっていないことを本気で盛り上げる意欲さえあれば、この漠然とした案ですら、人を巻き込んでいくパワーになると思います。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 各種お問い合わせはこちら