父の日は、記憶に残りにくいイベントなのは仕方ない

父の日って、どうして、地味なんでしょうか。
父の日の記憶なんて、ほとんど誰も持っていないもの。

授業参観などでかろうじて、接点をつなぐものの、どうしても印象が薄いイベントです。

ギフトやプレゼントで印象が残ることもない、残念な父の日の存在について考えてみませんか?

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

父の日ギフト・プレゼントを煽っても

6月の第3日曜日と言えば、「父の日」です。

母の日のカーネーションに比べると、誰もが頭に浮かべるギフトやプレゼントが存在しないイベント。

昔は、日曜参観日と被せられていた記憶があります。今は、学校公開を週単位でやっているだけに、タイミングも合いません。

デパートやスーパーに、イベントコーナーは、ひっそりと置かれている父の日。

やはり、このギャップは、家庭における父親の存在、立ち位置の影響を受けています。

ただの日曜日に過ぎないと強がることなく、誕生日やクリスマスなどと同じく、家族で祝えるイベントになれたら素敵ですよね。

合わせて読みたいブログ記事

父の日はどうしたら盛り上がる?

そこで、父の日が盛り上がる方法を考えてみます。

1.定番ギフトを決める!靴下はどう?

オシャレなネクタイをプレゼントするのも悪くないけど、最近、身につけない人も多いし、職業によっては不要なもの。

下着の類いは、日用品として悪くありませんが、人目に触れません。

靴下であれば、個性も反映できるし、誰もが日常使いできるので、喜ばれるのではないでしょうか?

2.ゆるキャラじゃなくて、ポーズを決める

今は、あちこちでゆるキャラだらけ。父の日向けにキャラ勝負ではなく、パパ・お父さんが似合うポーズを決めるのはどうでしょう。

父の日には、全国で同じポーズをしたら家庭も盛り上がるといいのに、と勝手に妄想してみます。

イベントに関係なく、家族と楽しい毎日を送れれば最高です。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。