サードプレイスは「もくもく会」よりも「Zoomミーティング」向き

サードプレイスの場所や環境、人との交流について考えるために「もくもく会」と「Zoom」を対比してみます。

「もくもく会」って楽しいのだろうか?

今、エンジニアを中心に「もくもく会」というものがあるのをご存じでしょうか?

とりあえず何らかのテーマに興味のある人が集まって各自がもくもくと作業するというものです。正直言えば、図書館の自習室で試験や受験向けの勉強をするものに近い存在と考えます。

もくもく会ポータルによれば、下記のようにゆるく定義づけられています。

もくもく会とはカフェとか誰かの家とかに集まって、それぞれ各自もくもくと勉強したり作業したり本を読んだりするだけの会のことです。…(略)…ハッカソンよりもっとゆるい感じで、もくもく作業するだけで別に成果物を発表したりしなくてもいい、という適当な雰囲気の集まり…(略)…

これって楽しいのだろうか、という疑問は残るものの、周りに同じことに取り組む人がいるだけで集中力が増す感覚はわかります。

ある意味、カフェであっても、リラックスする、自分の時間を満喫する、などのゆるい目的で足を運んで、1人で過ごせば、もくもくとしている人は見かけます。もちろん、商談や友人との会話を楽しんでいる人もいますが。

この「もくもく会」に向いているのは、お互いへの干渉を深くしないことだと思います。

「Zoom」だとどうなる?

では、「Zoom」だとどうでしょうか?

Zoomは、スカイプと同様に、音声と画像を共有できるツールです。無料と優良版がありますが、通常の会話ベースであれば、場所が離れていても、利用できます。

サードプレイスという観点では、一緒に交流する時間を持つことがポイントになります。ミーティングというか、交流会というか、表現はまちまちですが、一緒にお互いの意見のやりとりがしやすい通話コミュニケーションが可能になります。

「もくもく会」とは反対で、何もしゃべらないと成り立ちません。

最大の特徴は、お互いの時間さえ調整できれば、集合場所が不要になる点です。東京と大阪などの離れた場所であっても対応できます。

100人まで同時接続ができるとすれば、長時間でなければ、1つのテーマで、定期的に開催することが可能になります。

また、セミナー主催者から、招待URLを受けとり、指定の時間に、そのURLをクリックするだけでセミナーに参加できるのです。オンラインミーティングやセミナーにも向いています。

今後、地域を越えて、個人の都合を踏まえるとZoomなどのオンラインツールにチャレンジしたい

私は、現在のサードプレイス・ラボを月1回、定期的に会場を借りて開催しています。
日程と場所の都合で参加できないという方に対して、申し訳ない気持ちがしています。

また、私自身も、特定の会場を借りるということに対してリスクが伴っています。事前に場所をキープするという点でも負担は避けられていません。

さらに、全国各地で開催したいと思っても、時間的制約も含めると厳しいと言わざる得ません。少人数でも良く、地域を越えても、リアルタイムで顔を見ながら交流できるという点では、新しい活動領域を広げるうえでは、どうしてもチャレンジしてみたいと考えているものなのです。

リモートワークなどのように出社せずに働く人にとっても、定期的なミーティングはZoomやスカイプを有効活用することがポイントになります。100%在宅のもくもく作業だけでは、息が詰まるでしょうし、新しいアイデアが生まれてきません。

もし、オンラインツールを使いこなせば、リアルに人と会わなくていいのか、という質問を受けたとしたら、私は、No!と答えます。やはり、頻度が変わっても、Face to Faceな場と、オンラインな場を併用する必要があると確信しています。

世の中で広がっている、オンラインサロンも、基本はオンラインでつながりつつ、オフラインの接点として、リアルなセミナーであったり、交流会、食事会などを大切にしています。

あなたも、お客様やプロジェクトへのサポートや支援に、移動時間をかけずに、オンラインツール(Zoomなど)を使ってみませんか?

いや、今の私には、この分野の師匠が欲しいです。(本音)

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。