西原理恵子さんのリアルな子育てをしてきた母親の言葉・本音が満載な一冊

男だから、女だからって時代じゃないという理屈はわかるけど

ビジネスで女性が活躍、ワーキングマザー

男女平等、男女共同参画、など男性と女性のボーダーを減らす社会を促してきた結果、女性経営者、管理職も徐々に増えています。

一方で、昔ながらの価値観で、生き抜いてきた女性たち、専業主婦とは言わないまでも、家庭・家族を重視しながら、仕事とも向き合うというハードなスタイルを頑張っている人を多く見かけます。本当に頑張って毎日を過ごしているけども、笑顔も忘れない姿には頭が下がります。

いずれにせよ、キレイごとだけでは隠しきれないリアルな世界も誰かが、オープンに語らないといけない部分はあります。

本音と建前が露骨に存在しすぎてると感じませんか?

教育評論家や育児のプロの本は、素晴らしいですが、普通の親であれば、凹むか、真似をして挫折するでしょう。完璧主義では無理あのですから。

無理に力まずに自分の生き方と子どもとの関係を本音で語る一冊

ガールズトークの著者、イラストを描かせたら、西原理恵子さんは随一だと思います。彼女の生き方と子どもとの距離や関係がわかる一冊を読みました。

とにかく飾らない、本音の部分が多くて、惹き付けられます。(若干、普通の域を大幅に超えるときには驚かされますが)

誰もが世間体を気にすれば、隠したいであろうという部分もオープンにしてしまえるキャラクター、スタンスの持ち主だけに、惹き付けられる内容が続きます。

やりたいことが、なかなか見つからない人は、まずは、好きな人を見つけることから始めてみたら、いいと思う。面白そうな先輩とかね。「この人みたいになりたいな」と思える人を、見つける。
そこからは引き算ですよ。
その人ー自分=足りないもの、がわかりますよね。

やりたいこと、好きなことで生きろと言われても、なかなか見つけられないという普通の人に向けて、実にシンプルでわかりやすいアプローチ方法を噛み砕いてくれています。

足りないものに気付くこと、それを意識するだけで、人はどんなふうにも変わることができます。諦める人もいるでしょうし、その目標に向かって立ち向かう人、それぞれです。

自分の足で歩けるっていうのは、つまり、自分でちゃんと稼げるってこと。
「好きなことだから、お金はもらわなくてもいい」は間違いです。好きなことで生きていきたいなら、それでちゃんとお金を稼げるようにならなくちゃ。
どうしたら、それでお金が稼げるのか。
そこを具体的に考えた時に、ふわふわした夢がやっと現実味を帯びてくる。

好きなことをお金に換えようと思うと、人は躊躇してしまうもの。特に、組織ではなく、個人として稼ごうと考えたら、ものすごく心理的障壁が高い。

ふわふわした夢を現実にするためには、具体的に考え抜くことが、どうしても必要になるのです。

西原理恵子さんといえば、ベストセラーで映画化された「毎日かあさん」の印象が強い

ただ、この本の中では、正直に、亡くなった夫がどんなに激しく自分を追いこんでいたのかという過去まで赤裸々に語ります。

追い込まれながら、離婚・死別して子育てをしてきたなかで、格闘してきた自然体の彼女の言葉がつづられています。

好きなこと、やりたいことだから、お金は安くてもいいなて考えないで、どうしたら稼げるかを考える。
自分ができること、向いていることで、そうやって夢を育てるやり方はどうでしょうか?

西原さんの激しい気質な部分は、生まれ育った環境、東京に出てきてハングリーな時代、家族との乗り越えた時期があったからだと理解できました。

個人的に、友達として付き合いたいのかと言われると疑問符は残りますが、どうやっても稼いでいくんだ、という強い意思と行動を持てる姿は、ゆるい考えの世代には暑苦しいと感じるかもしれません。

本当の意味で成功している人間には、リアルな泥臭いまでの部分は必ずあるはずです。
(世間に伝える姿とは違う顔が間違いなく持っています)

理想的な子育て本に嫌気がさし、家事と仕事の両立に苦労している女性には、西原さんの本は勇気を与えてくれると思います。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。