【映画】「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のトム・クルーズは健在のアクションを見せてくれる

トム・クルーズは、アカデミー賞には縁がなくても派手なアクションができる俳優として評価できる!

2018年夏、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」が公開されてヒットしている。シリーズ6作目で、56歳になるトム・クルーズ。

1996年の第1作は、トム・クルーズが34歳。平均4年周期のペースで続けている人気シリーズ。毎回、派手なアクションを見せてくれる彼の演技と壮大なスパイもので敵と味方の戦いにハラハラドキドキさせられる。

もちろん、最新の映像技術を使い込んでいるとはいえ、派手なアクションシーンの連続に観客は引き込まれます。画面一杯に動き回る、イーサン・ハントは、完璧すぎずに、時々、ドジを踏みながらギリギリのところでミッションをこなしていく。

彼は、アカデミー賞はノミネートされたことはあっても、受賞したことがない名優です。数多くの映画作品に出演しながらも、恵まれてこなかったという点は残念ですが、この「ミッション:インポッシブル」シリーズでの彼の姿は、体を張りながら、毎回、色々とチャレンジしてくれるところに、本当に驚かされます。

フォールアウト(余波)の中で、イーサン・ハントのポリシーも感じる作品<ネタバレ気味注意>

IMFのエージェントである、イーサン・ハントとチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目指すが、仲間の命の危険を回避するために、プロトニウムを奪われるというシーンから話がスタートしていきます。

前回までのシンジゲートの生き残りが結集したアポストル(神の使徒)が関わっていき、CIAモからんで、話が入れ込んできます。一通り見終えるまでは、誰がどんな立ち位置で、味方なのか、敵なのか、よくわからない状態に振り回されてしまいました。

今回の作品で象徴的だったのは、警察官を皆殺しするような指示を無視する場面、1人の女性警官の命を助けたいという思い、再会した妻との深いつながり、など人物として情に溢れる男という設定が気に入りました。

スパイと言えば、どこか冷酷冷徹で、任務のためならば、どんな相手をも殺してしまうような強いキャラのイメージがあるものですが、イーサン・ハントは、人間的で好きな人、普通の人(一般人)を守ろうとしています。

もちろん、立ち向かうべき巨悪とは容赦のない格闘を繰り返します。

1作あたり、壊した器物、殺した人物の数などを考えると、被害や損害額という点ではとてつもない問題がありますし、ギリギリのところで間に合わせる姿なども踏まえて、愛すべきキャラクターとして確立しているのが、イーサン・ハントだと理解できました。

彼の憎めないキャラは理解しつつも、ミッションをコンプリートするために、どれだけの犠牲を払っているのか、活動資金をどのように途絶えることなく支援してもらえているのか、日常の生活はどんなものなのか、と想像してみても浮かんできません。

トム・クルーズの作品への拘りや熱意が満点の「ミッション:インポッシブル」は、彼に意欲と体力がある限り、続けて欲しい映画です。

<ミッション:インポッシブル DVD>

created by Rinker
¥1,500 (2019/01/22 17:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら