絶対的なエースの存在が高校野球の醍醐味 〜第100回全国高校野球選手権大会〜

第100回全国高校野球選手権大会の盛り上がりは絶対的エースの存在が命運を握る

2018年夏、第100回全国高校野球選手権大会。

年々、高校球児と年が離れていく私は、感動という感情移入ができなくなっています。

私は、松井秀喜と同い年だけに、この始球式には感慨深いものがありました。

プロ野球で何度も立った甲子園のグランドとは違い、まして、本来は立つことがなかったピッチングマウンド。清々しい表情で、投じた1球は、高校の後輩のミットへ。

もしかしたら、このパワーで星稜高校が奇跡を起こすのかもしれないという期待は、はかなく破れてしまいました。

毎年、チームの顔ぶれも、出場校も、色々と変わっていくなかで、彼らは1度も負けずに優勝を目指して頑張っています。

高校球児で優勝校出身なんて、実は、毎年いるわけで、世の中的には特別な存在ではないはずなのに、その年の負けなかった高校野球のチームとしては讃えられるものです。

今年の話題は、大阪桐蔭の春夏連覇の話だったはずなのに、いつの間にやら、秋田県立金足農業高校の躍進に注目が集まっています。

いよいよ、明日の決勝へ駒を進めました。

金足農業高校のエース、吉田輝星投手のマウンドさばき、能力、度胸などが高く評価されています。

プロで通用する、しないという未来の話を脇において、現在に集中してみます。

順々決勝と準決勝の間に中日1日を設けることになったので、3−4連投するエースというのはいなくなりました。

チームの勝利のために、投げ続ける絶対的なエース。

複数の投手を継投させるスタイルが常勝校には増えているものの、やはり、チームの仲間、監督やコーチなど、関係者からも絶対的に信用されているのが、エースピッチャー。

暑い中、緊張感の溢れる場面で戦う高校野球は、ピッチャーが手元からボールを投げない限り何も始まりません。

猛打爆発で打ちまくるチームも楽しいですが、存在感が薄まりがち。

4番バッターの力量は相手次第で変わるもの、1試合で4−5回しかまわってこない打席よりも、やはり、毎回投げ続けるエースには頭が上がらない。

くれぐれも体を壊すことなく、最後まで投げ抜いて欲しい。そして、試合後はしっかりとケアをすることを求めます。

明日、全国の頂点を決められる、2チームの高校球児に忘れられない試合が訪れることを願ってやみません。

※私は、高校球児ではありませんでしたので、技術的、戦術的な専門性はありません。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら