複業元年の次に「サードプレイス 」時代がやってくる

2018年は複業元年だったと言われるだろう

2018年が終わるというよりも、世間的には平成が終わるというムード感に包まれています。

今年を振り返ると、「副業解禁」というフレーズが、リンダ・グラッドンの「人生100年時代」と交錯して、「複業」という言葉を生み出し、着実に認知度を高めた一年でした。

いわゆる「複業元年」です。

パラレルキャリア、パラレルワーカーなどのように一人で複数の仕事や役割をこなす時代に突入したと言われます。

まだ、現時点で、その領域に達している人は少ないものの、1社への滅私奉公な「就社」に関する考え方は終わりを迎えています。

もちろん、転職がスタンダードになった、この20年ほどの流れの中で、人生に置いて、会社や仕事を変えることは、デメリットではなくメリットという逆転の発想に変わってきたことの影響はとても大きいと言えます。

私自身も、複業の人、マルチで働けるようなパラレルワーカーを方向性としては考えています。

結果として、今年1年、複業関連のイベント、書籍、ブログ記事をたくさん書いてきました。

関連ブログ記事

次は「サードプレイス 」時代がやってくる

ただ、複業にシフトできない人もいるのも事実。

本業に時間も労力も縛られて自由がきかない人も大勢います。彼らを社畜と揶揄するのは簡単ですが、フリーで自由になれば、誰でも生きていけるのか、と言えば簡単ではありません。

今まで、決められたレールの上を走るように育てられ、大人になった以上、この価値観の大シフトは受け入れるのが難しいと考える人は一定数以上残り、消えることはありません。

一方で、残業時間、残業代に対する抑制が進み、フラリーマン化して行き場のない人もちらほら増えています。

また、人生後半まで雇われる立場で過ごすことの厳しさ、自分の仕事がAIやロボットに奪われるかもしれないという危機感も同時進行で世の中に訪れています。

今までのルールや働き方、生き方を変えなければいけない。

どう変えればいいのかに悩み、答えが見出せない人たちは、模索するようになるでしょう。

そこで、いよいよ、サードプレイス 時代が到来すると私は主張します。

複業(副業)だけでなく、本来、自分がやりたい・やってみたいことに対して、少しずつチャレンジをしてみる行為。

最初の一歩の行動が怖くて踏み出す勇気のない人たちの背中を私は軽く押します。

すると、今まで知らなかった世界、知識、友や仲間に出会えて、世界が変わって見えてきます。

バーチャルだけでなく、リアルな意味で、あなたの人生が拡張し始めるのです。

ゆるやかな繋がり、コミュニティに関わることで、刺激を受けて、新しいものが芽生えてきます。

時間に対する考え方も変わり、優先順位も変わり、当然、効率性も行動も変わっていきます。

居心地の悪いところからは躊躇せずに、我慢をせず離れていき、自分が楽しい、気持ち良いと感じる場、空間、仲間たちと好きなことを自由にやれる時代。

強固な組織力とは真逆のソフトパワーの繋がりの中で生まれる新しい関係性が中心になるのが、サードプレイス 時代だと考えています。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら