【映画】「怒り」はなんとも残念!あなたは「怒り」の感情とどう向き合いますか?

キャストが素晴らしくても作品としてベストになるとは限らない

created by Rinker
東宝
¥3,077 (2019/01/23 08:10:46時点 Amazon調べ-詳細)

渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ、森山未來、綾野剛、妻夫木聡など、主役級のキャストが揃っていると聞くだけで、映画「怒り」は素晴らしい作品になるのではないかと期待感が高かったのです。

以前から、気になっていた映画なので、アマゾンプライム・ビデオで無料なので、見てみました。

3つの物語がどう繋がるのか、メッセージが被るのか、という一点に興味を抱いていたものの、ラストまで、某事件の犯人らしい人物がいるという設定で流されました。

役者の芝居という意味では大変素晴らしいものでしたが、ストーリーやテーマ、タイトルの関係を考えると、厳しいレビューが続くのも納得できます。

私も途中から、集中して見れない作品になってしまいました。正直言って残念です。

「怒り」は誰にでもある!犯罪やダークなものとは限らない

「怒り」という感情は、誰でも日常の中で生まれます。怒りの結果が、犯罪やダークなものにつながるとは限りません。

実際は、沸点が下がり「怒る」という人が増えています。

別に「怒る」ことではないのに、「怒る」というアクションに向かうのは、ストレスの問題なのか、コミュニケーションのフレーズなのか、脳の構造の変化が訪れているのか。

この「怒り」が積み上がると、人間として守らなければいけない一線を越えてしまい、社会的な問題、事件に発展していく、というのがセオリーです。

「怒る」行為のベースには、どんな感情があるのでしょうか。

相手に伝わらない気持ち、相手に傷つけられた思いが、あるレベルを越えると「怒り」になります。これは、赤ん坊であっても、高齢者でも、外国人でも一緒だと思います。

相手を察するだけの余裕が減っていることと、許せない行為を安易にやってしまう人が増えているとしたら、倫理観のようなものが劣化していると認めざるえません。

個人が好きなことをやる、得意なことをやることを推奨する流れは止まらないとしても、相手を不快にさせないという前提は忘れてはいけないのです。

もしくは、自分に直接関係ないことならばスルーすることで「怒り」の沸点を上げない、自分が好まないものに対して、無理やりリアクションをしないだけで大きく変わると思います。

「怒る」という感情で、人を突き動かすのは、できれば減らしていきましょう。

関連ブログ記事

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら