「やせるみそ汁」の効果は高いのはわかるけど、問題は、飲む頻度かも

なかなか痩せないとしたら、日頃、何を食べているのか、消費する運動をしているのかという生活習慣、代謝の問題に行き着く。

ただ、なかなか生活習慣って、楽なものに流れるとうまくいかないもの。

人間は厳しい修行の道をわざわざ選べるほど強い存在ではないのだから。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は
こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します!

毎月開催【サードプレイス・ラボ】は
こちら>>

 ダイエットに大成功!って人、身近に何人いますか?

ダイエットをしている、したことがあるという人の中で、求めるゴールに達せられた割合のデータを探すのは難しい。

ただ、身近でダイエットに大成功したというのが大きな話題になることを考えると、見た目も含めて大きく変化する人は限られています。(数キロ単位のダイエットだと見た目に影響がない場合も多い)

私も、何度も苦戦して、リバウンドを続けながらも、諦めずに続けている万年ダイエッターです。

もちろん、何キロやせるという目標も掲げますが、それよりも、健康で長生きにつながるライフスタイルを維持できる体を作るというのが目的なので、体重よりも体の中身、コンディションに力点を置いています。(言い訳ではないですよ!)

そんな私だけに、ダイエット本があると、ひとまず目を通すのが習慣なのと、真理が書いてあると感じると、納得と、自分への問いかけをしています。

これって、万人に効果がある方法?継続できるの?

ここが大事なポイントです。

 3ヶ月で10キロやせたイラストレーター&文筆家の話

「やせるみそ汁」というキャッチコピーを見て、たぶん、あんなみそ汁なんだろうと予測がつく人は、ダイエットや健康面の知識が豊富な人です。

この「やせるみそ汁」はみそ玉を作ります。

赤みそ80g
白みそ80g
リンゴ酢大さじ1杯
すりおろし玉ネギMサイズ1個分これをボウルで全部混ぜ合わせて、製氷皿に入れて凍らせる。

きのこや海藻や野菜などを煮たところにみそ玉を入れれば完成。

次は、食べる順番。

最初にみそ汁、次に野菜、魚や肉、ご飯の順で食べること。

関連ブログ記事

食べる順ダイエットのキーをみそ汁で満腹感を与えて、血糖値の急上昇を防ぐという作戦。

実にオーソドックスな手法です。

結果として、この本の「やせるみそ汁」の方法で、田中ひろみさんは、10kgのダイエットに成功しています。

一方で、彼女自身が振り返った食生活の問題、丼物などの一品モノ、デザートなどを食べすぎるというのは、どうやっても痩せられないのは事実。

何を食べたのか、どうしても食べなくてはいけないのかを考えてみればわかること。

自分の勝手な思い込み(脳)に騙されているのではないか?

だからこそ、余計な情報を遮断したり、食べたいという欲求の意図をちゃんと考えると、冷静になれるはずです。

 週に、何杯、みそ汁を飲んでいますか?

ここで一番大事なことに気がつきました。

ご飯の食事が減ったり、手軽な中食、レトルトが増えたことで、週に何杯みそ汁を飲んでいるのか?

調べて見たところ、下記のような調査結果・ニュースがありました。

マイナビニュース:「ほぼ毎日」味噌汁を飲む人の割合は?

味噌汁を飲む頻度について尋ねたところ、24.3%が「ほぼ毎日」と回答した。2位は「週に2~3回くらい」(23.4%)、3位は「週に4~6回」(20.2%)、4位は「週に1日くらい」(11.6%)となっている。1週間に1回以上は味噌汁を飲む人が約8割を占めた。(ディーアンドエムはこのほど、「味噌汁」に関する調査結果を発表した。同調査は1月14日~20日、20歳以上の全国男女約10,000人を対象にインターネット

確かに、1週間に1回以上はみそ汁を飲む人が8割いたというのは日本人の食文化ということになりますが、ほぼ、毎日飲んでいる(週4〜7日)で、44.3%でした。

つまり、日本人の半分は、週3日以下、2日に1度程度の頻度でしかみそ汁を飲んでいない、ということを意味します。

昔ほど、丁寧に出汁を取らなくても、出し入りみそ汁はあるし、インスタントみそ汁で簡単に取れる一杯を省略してしまう。

まずは、この習慣を見直して、1日1回はみそ汁を飲む。

みそ汁はできるだけ具沢山で、食事の最初に味わう。

ここからスタートすることがダイエットや健康面の第一歩になると考えてみました。

関連ブログ記事

みそ汁を選んで味わいたいですねー

created by Rinker
マルコメ
¥556 (2019/10/22 16:35:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
永谷園
¥858 (2019/10/22 16:35:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,404 (2019/10/22 16:35:32時点 Amazon調べ-詳細)

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。