船橋屋の美味しい「クリームあんみつ」を食べながら、私の夏の思い出が蘇りました

甘味という響きは和を感じます。お団子、おまんじゅう、など、美味しく味わえるものがたくさんあります。

私は、「クリームあんみつ」には忘れられない思い出があって、夏場になるとかき氷の次に食べたくなります。

あなたは「クリームあんみつ」を好きですか?

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は
こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】は
こちら>>

船橋屋の「クリームあんみつ」を味わってきた!

船橋屋の「クリームあんみつ」も最高に美味しい一品です

船橋屋の「クリームあんみつ」も最高に美味しい一品です

先日、船橋屋で「クリームあんみつを食べました。

あの黒みつが最高に美味しい一品。

くず餅が美味しいのですが、こし餡、寒天、赤えんどう豆とのハーモニーが最高です。

定番のくず餅でもなく、季節限定のかき氷でもなく、「クリームあんみつ」を選んだのは、メニューを見た瞬間に引き寄せられたというのが理由です。

【PR】 船橋屋のあんみつを買いませんか?
バニラアイスをのせれば、「クリームあんみつ」が出来上がりますよ。

あの夏の老紳士の食べる「クリームあんみつ」が忘れられない!

私が、「クリームあんみつ」に思い出があるのは、1998年夏の出来事に遡ります。

私の父が肺がんで東京女子医大に入院し、急激に悪化するため、泊まり込んでいた日々。

病院内の食堂や自動販売機のパンなどは、一通り食べ尽くして、気分も滅入った私は、元気を失っていました。

親戚と院内喫茶コーナーでお茶をしている時に、その老紳士を見かけました。

本人が通院しているのか、家族や知人が入院しているのかはわかりませんが、懐中時計を見ながら、食べていたのが「クリームあんみつ」でした。

あの光景が忘れられません。とにかく美味そうに食べていたのです。

あの夏、私の父が亡くなったことと合わせて忘れられない思い出になっています。

関連ブログ記事

<イベント情報>

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。