【児童書】「負けてたまるか!」が口ぐせのおばあさん猫:ネネコさんとリンちゃんの物語

【児童書】「負けてたまるか!」が口ぐせのおばあさん猫:ネネコさんとりんちゃんの物語

児童書『リンちゃんとネネコさん (わくわくライブラリー)』(森山京・作 / 野見山響子・絵)を子供が図書館から借りてきたので、読ませてもらいました。

このぐらいのボリューム感は、大人でも夢中になれれば、楽しく読めるものです。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

完全に人間と変わらない猫が主人公の物語

この『リンちゃんとネネコさん (わくわくライブラリー)』に出てくる、リンちゃんは小学四年生の女の子(猫)。もう一人の主人公ネネコさんというおばあさんも猫。

ただ、どちらもミャーと泣くことはなく、人間と接する場面などはありません。

ランドセルを背負っている場面もあるので、100%擬人化された物語です。

ストーリーとしては、ネネコさんがよたよたと走りながら「負けてたまるか!」と口にするシーンがポイントになりつつ、老猫と子猫の交流で話が展開されていきます。

ネネコさんのようにガッツを持てる子どもって、世の中に減っています。

実際に読んでみても、人間と遜色ない物語でした。

ストーリーそのものは省略します。

ぜひ一度、読んでみてください。

created by Rinker
講談社
¥1,430 (2020/02/28 05:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

なぜ、猫じゃないといけないのか?

とすると、なぜ、猫を登場させているのでしょうか。

お互いのことを全く知らない二人が出会う物語というのは、現実では想定しにくくなっています。

特に、子供と大人の場合は・・・。

見知らぬ人に声をかけたり、かけられてはいけない!危険だ!という風潮が定着した時代です。

昔なら、知らない大人と話をすることも普通のことでしたが。

猫じゃないといけない理由を考えてみました。

親しみの持てるキャラクターとして設定したかったから、というのが理由ではないでしょうか。

これが、人間同士だとリアルに感じますが、どうも児童書としては面白みがありません。

犬でも良かったと言われれば、それまでなのですが・・・。

大人になると「擬人化ストーリー」なんて、まず読むことはないので、想像力という意味では、動物設定の方が良いのでしょうね。

最近、見た映画『CATS(キャッツ)』に違和感を感じたのと理由は一緒かもしれません。

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』や『ペット』がしっくりしたのは、人間と動物が存在するストーリーだったのではないかと、個人的に推理してみました。

あわせて読みたいブログ記事

子供の心に戻って読めば、楽しく読めるので、こちらの気持ちが大事なのかもしれません。

created by Rinker
講談社
¥1,430 (2020/02/28 05:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。