【名言】何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ作ることだ。

時間が足りない!という悩みを抱える人は、世の中にたくさんいます。

私だって、時間が足らない、間に合わないという点で長年悩みながら、工夫を続けてきました。

今回、時間に関するチャールズ・バクストンの名言から考えてみます。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

時間なんて自分で作るしかないんだ!

人間として、時間が足らないという課題に悩むのは当たり前のこと。

ただ、1日24時間という物理的な時間は、世界中、誰にとっても平等に持てる資産という意味合いを忘れてはいけない。

結局、時間なんて自分で作るしかないんだ!

時間が欲しいなら、作るしかない!それだけのこと

今回、チャールズ・バクストン(米国の作家、政治家、鋳造家、慈善家/1823-1871)の名言を取り上げます。

「何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ作ることだ。」

時間を作るためには、必要なことは3つ

時間を作るために必要なことは3つあります

どれも、シンプルですから、今日から実践してみましょう。

・集中力を高めて挑め!

時間が必要なのは、何かしら自分がやりたいことがあるからです。

のんびりと休みたいということに時間を欲する人もいますが、実際にところ、そういう人は充分に休んでいます。

時間を作るためには、絶対に不可欠なのは、集中力。

あわせて読みたいブログ記事

集中力が保てる状態に自分のスイッチを素早く切り替えることがポイントになります。

・取捨選択をしっかりとやる

時間は無限にはありません。

誰にとっても、平等だけれども、限られた命という資産になります。

とすると、不要なこと、邪魔なことは、やらない、やめるという判断をいち早くやるのがベスト。

スマホを暇つぶしでいじっていたり、だらだらとゲームをやったりしている時間が、自分の1日のなかにどれぐらいあるでしょうか。

集中力を持って挑むことと、自分にとって不要だと思ったら、とにかく辞めるという判断を早急にしてください。

・人の時間・技術を借りる

自分の時間が足りないならば、他の力を借りるに限ります。

ベビーシッターや家事代行だって利用すればいいのです。

お掃除ロボットのルンバでも、電気圧力鍋でも、自動運転カーでも、新しい技術に頼りましょう。

費用はかかりますが、その時間で、自分の時間を確保できます。

絶対に自分がやらないといけないことを絞り込み、好きでも得意でもない、できれば楽したい(手抜きしたい)ものを、どんどん、自分からアウトソーシングする感覚は大事です。

結果として、自分に時間が生まれます。

あれほど、忙しくてたまらないというのが悩みだったのが嘘のように。

時間は有限なのだから、有効に使いこなすことを最優先に

チャールズ・バクストンの名言に戻ります。

「何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ作ることだ。」

時間が欲しいならば、作るしかありません。

時間がないと嘆くのではなく、時間を作るために何がベストなのか考えてみてください。

工夫次第で、1日あたり1時間以上の時間を見つけることができますから。

「時間術」本でも読んでみませんか?

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,430 (2020/09/29 00:22:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
実務教育出版
¥1,540 (2020/09/29 10:13:08時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。