【映画】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)は、ダニエル・クレイグの集大成作品

私は、ダニエル・クレイグがジェームス・ボンドを演じた007シリーズの作品は欠かさず見てきました。

今回、007シリーズ25作目『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』2021年公開)を映画館で見てきました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

アクションもいいけど、半世紀以上続く作品って時代を超えた「007」の世界

イギリスの作家、イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部(MI6)
のエージェントをジェームズ・ボンドを主人公とする小説が元になっています。

映画化も25作品目に到達し、作家も引き継ぎ、主人公のボンドも交代しながら、継続しているというシリーズが「007」(ダブルオーセブン)の世界観です

私自身、古い作品は知らないものの、ジェームズ・ボンドといえば、ダニエル・クレイグという印象が強く残っています。(オールドファンな方、ごめんなさい)

金髪のボンド?!主役級でなかったダニエルがエモいボンドを作り上げた!

ジェームズ・ボンドは、元々は、黒髪だったらしいと聞いて、不思議な感覚に襲われたのは、「ダニエル=ボンド」という刷り込みが私の中で完成していたからかもいれません。

今回、細かい設定を事前に頭に入れずに、スクリーンに向かったため、MI6を辞めたはずのボンドがなぜ、任務につくような展開になるのか、想定できていませんでした。

今までの戦いで心も、身体も、過去も含めて清算して、ジャマイカで大人しく、悠々自適な生活をしていたのに、彼は見つけられて、巻き込まれていきます。

ここで大事なのは、今までのように、指示や依頼がMI6から届くというのではなく、彼自身の恋人との関係の中で、動き出した点にあります。

使命感で果たすミッションというよりは、人間・ボンドが立ち向かって戦おうとした部分を、MI6が結果としてサポートしている点にあります。

ネタバレになるので、細かくは書きませんが、彼が何を考えてラストシーンに向かっていったのか、想像すると、深いものがありますし、ダニエル版のボンドのラストを飾るにふさわしい作品でした。

参考サイト

かっこいい、モテるだけでなく、ダメな部分もある人間臭さが魅力

ダニエル版のジェームス・ボンドは、かっこいい、モテるというだけでなく、ダメな部分もある人間臭さが最大の魅力でした。

秘密情報部のエージェントとなると、自分のプライバシーや人間性を無視して、職人として相手を暗殺したり、守るべきものを死守するイメージが強いのですが、彼は、苦悩し、傷つくという当たり前の人間の部分が、盛り込まれていました。

一方で、前々作、前作ぐらいから、MI6のような組織は、もはや時代と合っていないという「古臭さ」を否定するような部分も、ボンドのような存在の必要性に迫る感じがしています。

サイバー犯罪や戦争になるような時代に、拳銃や拳で相手と戦うスタイルは、ミスマッチな印象は拭えません。(Qのような人物が主人公になりそうな時代なので)

普通の人間が、ボンドのような仕草や言葉を吐くと、白々しかったり、しっくりとこない人が多いだけに、主演を演じる役者さんの苦労は想像を絶します。

リアルには、映画の中で、スタントマンを使わずに、自らアクションシーンを演じたために、ダニエルは何度も怪我(骨折など)をしています。

無茶なんかしなくてもいいのに、と思いつつ、身体を張って、かつては脇役俳優で、ボンドとして襲名した時点では、評価が低すぎた彼を関係者が盛り上げて、人間臭さも盛り込んだ、キャラクターとして完成させています。

created by Rinker
¥299 (2021/12/02 21:19:18時点 Amazon調べ-詳細)

100%かっこいい、すごい!という人よりも弱い部分が感情移入をできる

昔なら、完璧で、完全無血な主人公に、庶民は憧れを持っていました。

だからこそ、スーパーマンだろうか、ウルトラマンだろうが、ヒーローに思いをのせていたのでしょう。

彼らも作品の中では、弱さがあって、乗り越えて行くのですが、どうしても、特殊すぎて、自分とは違う世界の人という、距離感が存在していました。

もちろん、ジェームス・ボンドも架空の人物で、007というコード名を名乗る存在も世の中にはいないでしょう。(モデルがあって、現実にこのような人物がいたら、少し怖いですけど)

ダニエル版のジェームス・ボンドは、自分の過去や弱さと向き合う場面が何度も出てきていました。

なぜ、彼が、007となっていったのか。そこで何を感じていたのか。

好敵手である相手が、ボンドに何を訴えていたのかを思い出すと、どれもが人間臭いテーマが土台のあくしょんストーリーだったと気付かされます。

結局、他人の弱い部分は、自分の写し鏡みたいなもので、向き合っていく、乗り越えていく姿は、感情移入しやすいのは言うまでもありません。

created by Rinker
¥2,500 (2021/12/02 21:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

007シリーズは、日本では作れないから、今後も期待したい

日本でも、さまざまな映画(邦画)が作られて、かつては、シリーズものとして、ヒットした作品も多くありました。

最近では、テレビドラマの劇場版としての扱いが多く、日常見ているものの延長線に、スケールを大きくした設定を設けて、多くの人に見てもらうと言うスタイルです。

細かい設定を映画を見に来た人に伝えなくても、わかっているキャラクターの個性があることで、スムーズにストーリーに入っていけます。

あわせて読みたいブログ記事

原作があって、映像化して、シリーズ化していくには、固定ファンだけでなく、時代に合わせて変化していくものが必要です。

しかも、現代は、このスピードが激流の川のように早いものに変わっています。

007シリーズのジェームズ・ボンドのような存在は、スクリーンでのアクションが必須。

邦画で作るには、どうしても難しいものが多いですよね。

ダニエル版のジェームズ・ボンド(007)の後継者が誰になるのか、今から楽しみです。

参考サイト

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。