【映画】「恋妻家宮本」(2017年公開)は長年連れ添った夫婦関係を考える良作だが映画化は必要だったのだろうか

長年連れ添った夫婦に訪れる離婚の危機をシリアス過ぎずに、コメディにもなり過ぎずに描く作品、映画「恋妻家宮本」は、なかなか面白かったです。

ただ、最近、映画化をする価値や意味ということを考えるようになってしまった、私には疑問が残ったのも事実です。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

遊川和彦さんが監督すると、コメディタッチが強くなる!

人気作家・重松清の小説『ファミレス』を、脚本家として数々の話題作を手がけてきた遊川和彦が初監督として映画化した家族ドラマ。

子供たちが親元から離れ、2人きりの生活に戻された夫婦が感じる違和感や戸惑いが描かれる。阿部寛と天海祐希が夫婦役が、絶妙なバランスでハマっていました。

テレビドラマ界で知る人ぞ知る脚本家、遊川和彦さんの力量を味わえる作品です。

地味な国語教師を演じる阿部寛のファミレスでの優柔不断ぶりが最高すぎる

学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時にできちゃった婚し、以来27年間寄り添ってきた陽平と美代子の関係は、息子夫婦が福島へ転勤したことで、2人っきりの生活に戸惑っていきます。

酔いつぶれた陽平が、蔵書の間に挟まれた、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を発見して動揺しまくり。

ある日、美代子が家を飛び出してしまうという展開。

困難に立ち向かう経営者や、正義に挑む刑事役などが似合う、阿部寛の印象が強いですが、ドラマ「結婚できない男」などの優柔不断キャラも演じられることで有名です。

今回は、ファミレスでメニューを選べないような優柔不断な中年男を見事に体現しています。

地味な国語教師という姿も、実に、ハマっている感じが出ています。

また、妻役の天海祐希の強すぎないキャラクターとしての妻の演技も光ります。

二人とも主演として、さまざまな役を演じてきた熟練の技の見応えのある夫婦役でした。

created by Rinker
¥400 (2024/02/21 22:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルが「恋妻家宮本」という点が、意外性はあるけど残念な気がする

映画タイトルの「恋妻家宮本」というのがどうも、しっくりきません。

妻のことをどこまで愛したり、好きなのかというのが全体を通して理解できるものの、妻側も十分に旦那を愛しているので、一方向にベクトルが向いているようなタイトルがあっていないと感じるのです。

お互いを見つめ直す夫婦の物語ですから。

ただ、誰もが人生の判断に悩み、現状に至って選択が正しかったのかと、振り返ることは、中年を超えてくれば誰だって、一つ二つはあるでしょう。

後悔するというよりは、別の未来を生きる自分というものを想像したくなるのです。

ただ、二人は、まだ50歳。

人生100年時代を考えると、まだ折り返し地点なわけで、どんなふうに生きていくのかは、この時点で見つめ直すというのは悪くないストーリーです。

映画でなく、2時間ドラマでも良かった印象あり

ただ、この内容の作品をスクリーンで見る必要があったのか?と問われると、少し疑問が残ります。

2時間ドラマでも十分満足できたのではないでしょうか。

ストーリー展開も、映像としてのスケールも、音楽としてのインパクトも、どれをとっても映画化させるだけの価値があったのか、と問われると疑問が残ります。

もちろん、主役の二人の演技力、その他の役者さんもしっかり演じられて好感は持てます。

ただ、もし、これをスクリーンで見たかったのか、と言われると、テレビやパソコンのモニターでも十分だったと感じてしまうのです。

もちろん、スポンサーが付き、映画化の企画として成功したからこそ、作品として成り立っているのはわかりますが、観客・視聴者の一人として捉えてみると、どうしても映画化の価値を考えてしまわざるえませんでした。

created by Rinker
¥400 (2024/02/21 22:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。