お酒を浴びるほど飲めた若い頃、何を考えていたのだろう

【サードプレイス】をつなぐブロガー@安斎 輝夫 です。

20代の頃までは、お酒の席が大好きで、毎日でも掛け持ちで、二次会、三次会も関係なく飲み続けることができました。

とにかく、楽しい時間で、お酒を浴びるほど飲んでいた記憶があります。

あの頃、何を考えていたのだろう?と冷静に振り返ってみます。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

あんなにお酒を飲めた頃は異常だった

20代の頃(10代以下は、未成年だからアルコールはダメですよ)、毎日のように飲み歩いてました。

大学時代の友人、バイトの友達、会社の同期、部署の先輩、お客様、など、相手はさまざまでした。

ほぼ、毎日のように飲み続けていました。

ある意味、夕方になってからアドレナリンが出るタイプの人間でした。

よく考えたら、あんなにお酒を飲めたのは異常な日々でした。

20代の頃までは浴びるほどお酒を飲んでいた

飲みに行く頻度も、飲む量も、それに伴って食べる量も、とにかく、ものすごかったと記憶しています。

当然、お金が溢れるほどあるわけではないので、「和民」で鏡月(韓国焼酎)のボトルを開けて、烏龍茶とレモンで割って、仲間と競うように飲んでいたり、飲み放題の店を潰してしまいそうになる程、ガンガンに飲んでいました。

ちゃんと家には帰っていたので、終電の時間を把握していたのだと思いますが、体力を無駄なことに投下していたモノだと反省してしまいます。

でも、誰かと一緒に楽しく飲むことが最高な時間でした。

同じ話題でも盛り上がるし、知らないネタ、どうでもいい話でも、騒げるように飲めたのは、ある意味、大人になった自分をエンジョイしていた日々の記憶です。

ワイワイガヤガヤと楽しめたのは、飲み仲間がいたから

当時は、家で一人静かに飲むような、今のスタイルとは違います。(家でもほとんど飲みませんが)

お店か、誰かの家に集まって、ワイワイガヤガヤと楽しむ飲み仲間と一緒でした。

決して、おしゃれな店や高級なお酒を嗜むのではなく、あくまで、アルコールを身体に取り込んで、楽しく過ごすことに熱狂してました。

今でも、当時の仲間に声をかけられますが、彼ら自身も家族や立場など諸事情があって、頻繁に飲みに歩けるわけではないようです。

私自身は、お酒が翌日以降に身体に残る感覚が問題なので、だいぶ酒量も頻度も減らし、健康的な生活にシフトしました。

多分、あの頃のペースに戻ることはないと思います。(無理です)

「オール」という飲みの後に、朝の味噌汁を味わった

学生時代であれば、「オール」という形での徹夜飲みもできました。(翌日は100%ダウンしますが)

朝までやっている居酒屋チェーンで、周りの人たちが、美味しそうに味噌汁を味わう姿を見て、何事かと思ったら、朝食の姿だったことを覚えています。

酔っ払った勢いのまま、味噌汁を飲み、満員電車から降りるビジネスマンに無駄に笑い転げていた、なんと無責任でアホな若者だったのだろうと、タイムマシーンがあれば、自分自身を殴りに行きたい気持ちです。(笑)

あの記憶が消えないのは、それだけ、インパクトがあり、当時だからできた無茶苦茶な飲み方だったと私自身が認めているからなのでしょう。

いつまでもお酒を飲みまくる人生も悪くない

自分の親戚のおじさんたちは、昔から、浴びるように酒を飲んで、結果として身体を壊すような人が一人ぐらいは身近にいませんでしたか?

肝臓を中心とした内臓にダメージを与え、生活習慣病になり、病院で投薬されたり、治療を受けて、という姿。

かなり手が震えても、お酒を飲んでる人って、法事に行くと一人はいたような気がしませんか。

あの人たちは、趣味がお酒を飲むことだったので、取り上げるわけにはいかなかったのだと理解できます。

もちろん、ワイワイガヤガヤしながら、楽しく飲む時間は無駄ではありません。

お酒を飲みまくる人生を否定しません。(ほどほどに無理をせず、ということです)

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。