ホリエモンの名言「技術者の力」とドローンが社会を変える未来に期待

技術は未来を作る!私たちの生き方も変える!

僕は技術が世の中を支えていると思う。人間社会を豊かにしてきたいちばん大きな原動力は、技術者の力だと思っている
(堀江貴文 株式会社ライブドア元社長 Tech総研記事より)

私は、ある時期、ホリエモンに似てると何度も言われた時期がある。頭の中身やビジネスではなく、あくまでもルックスの話ですが。

あのライブドア事件に至るまでの彼の世間へのアピールは、今考えてみても、ものすごいインパクトを与えていました。既成概念や既存価値を否定して前に進もうとする力は、未来を変えてくれるのではないか、という思いを抱かせて若者たちに夢を与えました。

結果として、残念な終わり方を迎え、失望させてしまうという点は残念であり、どこまでが犯罪として社会悪として捉えるべきなのかは、時間の経過とともにわからなくなり、誰もが忘れ去るという展開になりました。

残ったのは、ホリエモン、堀江貴文の存在、キャラクターです。

メディアを中心に自由な発言や行動をされている彼ですが、私は、批判も覚悟の上で、社会に意見を言える姿は、日本人らしくないという点があるとはいえ、賞賛に値する人物だと思います。

僕は技術が世の中を支えていると思う。人間社会を豊かにしてきたいちばん大きな原動力は、技術者の力だと思っている
(堀江貴文 株式会社ライブドア元社長 Tech総研記事より)

2009年当時の彼のインタビュー記事なので、現在の彼の考え方とは違うのかもしれません。ただ、元々、ホリエモンがどんな存在で、何を考えているのかが伝わる名言なのではなかろうかと推察します。

「人が社会を支える」という言い方をします。その通りで間違いないでしょう。でも、社会を支えて変えていける推進するパワーは、「技術力」であり、「技術者=エンジニア」の力は欠かせません。

研究開発畑でコツコツと働くよりも、社会にリアルに貢献する為の技術力は、ある瞬間からブレークスルーして、社会を変えていきます。

ドローンは、ラジコンの延長戦ではなく、社会を変える?!

もしかすると、数年後、大空を鳥たち以上に、ドローンが飛び回る時代が来るのかもしれません。それが、世の中の進化であり、私たちを変えるとすれば、受け入れていくしかないのでしょう。

このドローンは、ラジコンの延長のように見受けられますが、私は、どちらかといえば、ドラえもんの出す未来の道具の「タケコプター」に近い印象があります。人を乗せていない以外は、空を自由に飛び、動き回り、私たちの生活を変える存在でしょう。

元々、ドローンは、第二次世界大戦中に研究が始められた、軍事使用を目的とされていた存在です。当初は、日本の神風特攻隊のように、爆弾を搭載して体当たりさせるのが主な目的だったようですが、対戦中は実用化できなかったようです。

その後も、軍事目的での開発が進んでおり、今でも、小型化し、高性能化したドローンは進化を遂げています。

インターネットも当初は軍事目的からスタートしたように、ドローン技術は、民間利用に展開されていきます。日本では農薬散布の分野で活躍していますし、空撮の現場でもドローンが活躍を広めています。

おそらく、将来的には軽微な荷物に関しては、直接、人の手元まで届けることが可能になるのかもしれません。デリバリー業務は、今までは、宅配事業を中心に絶対に人が介在しなければいけなかった世界ですが、この常識的な考え方も、打ち破る可能性がある技術のように思えます。(もちろん、社会通念上のルールなど取り組まなければいけない課題は山積みですが)

僕は技術が世の中を支えていると思う。人間社会を豊かにしてきたいちばん大きな原動力は、技術者の力だと思っている

ホリエモンの言う通り、新技術は、誕生の背景は別として、基本的に人間社会を豊かに変える原動力という考え方には賛同できます。ただ、その一方で、人が介在している仕事や役割を奪うリスクもあるという側面を忘れてはいけません。

5年後、10年後、その未来に、今の自分の仕事はあるのだろうか。あなたも不安を煽られるだけでなく、自分たちの未来を自由に想像することはできているでしょうか?自分のキャリアやライフスタイルをどう変化していくのか、その為に、今できることは何で、何を学びとり、活かしていくのかという、大筋の方向性を、社会の変化とパラレルに考え続けていく姿勢は、誰もが求められる社会変化になっていくでしょう。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。