アウトプットの為には、インプットの蓄積が必要

アウトプットをする為には、インプットが必要。ただし、無目的にインプットだけの作業を続けて、ゴールであるアウトプットを意識しなければ、価値を生み出せない。

”基本的なこととして、成果すなわち仕事からのアウトプットを中心に考えなければならない。
技能や知識など、仕事へのインプットからスタートしてはならない。
それらは道具にすぎない。
いかなる道具を、いつ何のために使うかは、アウトプットによって規定される。
作業の組み立て、管理手段の設計、道具の仕様など、
必要な作業を決めるのは成果である。”

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則(P.F.ドラッカー)

アウトプットするには、失敗しても良いから行動に移すことを念頭におかなければいけない。ドラッカーの言うように、アウトプット中心で考えて、必要なインプットをするアプローチは正しいのだと思います。

読書などのインプットによって満足してしまうことが多かった私は、ブログを通してアウトプットすることに軸を切り替えようとしています。

すると、インプットの過程の中で、何が大事で、どこが自分に取り込めるポイントなのかが、突き刺さってくるような感覚が出てきました。

のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、100冊以上の著書を出されている、千田琢哉さんの著書(1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法)を読んでみても、圧倒的なインプットをしながら、そこから生み出されるアウトプットという点も見逃せません。

千田琢哉/次代創造館

何もないところから、アウトプットが沸き出してくるのではないのだろう。

常に、アウトプットをイメージしながら、インプットの量と質をキープすることが大切なのは、よくわかります。人から得る情報、書籍・ネットから得られる情報も、全てインプットになります。聞き逃すのではなく、エッセンスを吸収しようと意識できているか、どうか。そして、出し惜しみなく、アウトプットしようと努めるかどうか。

他人の為になるようなアウトプットなのですが、結局は、自分にとって一番役立っていることに気づかされます。

ここのポイントが、薄々と感じられるようになってきました。少しだけ、自分が進化してきたように思えます。

ブログって、やっぱりいいものですね。まだまだ、続けて行こうと思います。