レコーディングダイエット流行ったなあ〜。記録、ライフログは大事だとわかる。

「記録」から始めよう!そこから夢がクリアになっていく

夢を実現させる方法・考え方・ツールについて、私は興味を大きく持ち続けています。最終的には自分オリジナルな着地点を目指したいと考えていますが、現実的には壁は高いまま。焦ってみても仕方ありません。

今、実際に利用している逆算手帳以外にも色々なノートなどの類いを見て、手に取る頻度は高まっています。

単なるスケジュール帳や日記風のメモだけではないものを求めていた時に、岡崎太郎さんの夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノートという一冊に出会いました。

「モチベーションシートは、スケジュール管理、タスクマネジメントや時間管理などを効率的に行うことはもちろんですが、それよりもっと心の部分にある「幸せ」や「豊かさ」を感じる力を育て、本当に大切と思える目標の設定がロジカルにできることを目的としたものです。」

1日1ページのデイリーシートに行動記録と気づきや感じたこと、そしてタスクやアイデアを見開きのシートに記入していきます。しかも機能的に分類されたレイアウトによって情報がきちんと整理格納されるので、その日の情報を簡単に把握することができます。(夢実現!モチベーションシートより抜粋)

モチベーションシートは、PDCAサイクルの起点が違うのが特徴。

Do(行動)から始めて、Check(反省)、Action(改善)、Plan(計画・目標設定)にという流れのDCAPの順番でアプローチします。

この部分を読み、「レコーディングダイエット」的な記録による自己発見・改善のスタイルであることに気づきました。
子供の頃、夏休みの計画は壮大で、完璧なのに、実際の行動が伴わずに苦しんだ記憶は、かなりの方にあるはず。
記録を続けていくことで、自分自身に気づきが生まれ、そこから先に進んでいき、夢を叶えていくというスタイル。
非常に現実的な考え方。誰もがすぐにスタートできる点が優れています。
計画や夢を先に掲げすぎると、荷が重くなり、前に進まないということも発生しがち。そこでこそ、現実を冷静に見る目を補うことで、何が足りないのか、何に気づいたのかを蓄積していけば、自ずとゴールが見えてきます。
記録に感情を混ぜすぎると、落ち込む可能性もあります。だからこそ、淡々と事実を記録していくことで、先に向かうことが始まるというのは納得できました。
一端、自分の行動を冷静に観察する為に、このモチベーションシートを実践してみることに決めました。(トライアルセットがあったので購入してみます)
岡崎太郎さんのサイト:http://www.it1616.com

どんなコト・思いも記録につけてみる習慣により、自分を変えていけるきっかけにしていけると信じます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。