「キンボール」って知ってますか?

シェアする

「オムニキン、ブラック」

先日、子供と一緒にスポーツをやるイベントがあり、参加してきました。

種目名が「キンボール」

正直、今まで聞いたことのないスポーツ。

バランスボールのような、空気で大きくなった柔らかいボールを使うゲーム。

ルールの前提として、3チームでゲームするということが意外なスポーツ。1チーム4人の3チームなので、最低でも12名は必要になります。

チーム対抗戦のゲームとして、子供と一緒に楽しめる感じが素敵でした。

オムニとは、すべてのという意味。キンはケンシス(運動感性)の略語であり、キンボールのかけ声になります。

「オムニキン ブラック/ピンク/グレー」

などキンボールを拾わせる相手のチームカラーを選び、声を発します。

キンボールのコンセプトは、「共遊」「主体」「創造」と言われています。

『共遊』
★ コートでプレーできるプレーヤーは1チーム4名ですが、最大8名まで登録でき、プレーヤーは何回でも自由に交代できます。従って、3チーム最大24名がゲームを楽しむことができます。

★ ”巨大なボール”を床に落とさないようにするには全員の協力が必要なため、一体感を味わうことができ協調性を養う事ができます。

『主体』
★ 122cmの”巨大なボール”は見た人の好奇心を刺激し、誰でも「触ってみたい!遊んでみたい!」と自ら進んでゲームに参加します。

★ ヒットの時には相手チームの色を大きな声でコールしなければなりません。ゲームを通して能動的姿勢が培えます。

★ ヒット時にチーム4名全員がボールに触らなければなりません。自ら積極的にゲームに参加しなければ成り立たない競技です。

『創造』
★ ルールは参加者の年齢、経験、体力などの条件に応じて一部変更することが認められています。柔軟なルールバリエーションがこのスポーツを子どもから高齢者まで楽しめるスポーツにしています。

★ コンペティションゲームだけでなく、リードアップゲームと呼ばれる段階的プログラム(ボール遊び)は代表的なもので現在30種類以上の種類があり、これらは指導者だけでなく参加者も創意工夫し、互いにつくり出していくものです。

キンボールスポーツ創案者のマリオ・ドゥマースは、専門のスポーツによって「生きる喜びなど感動の共有や協調性を高める」ことがこれからのスポーツの重要な使命であることに気付き、試行錯誤の上このキンボールを生みだしました。1986年カナダケベック州を紀元としています。同時にケベック州キンボール連盟が政府公認のもと設立されました。

すごいですよね。立ち上げた時点で、政府公認って、どれだけ根回しなのか、評価されていたスポーツなのか、驚かされます。

以来、カナダはもちろんアメリカでも多くの学校 (5000校を超える)や地域で採用され、現在わが国やベルギー、フランス、ドイツなどのヨーロッパにも広がり500万人以上の人々が楽しむワールドゲームに発展してまいりました。

ただ、日本では、それほど根付いている感じがしません。

どうしてなのでしょうか?

一説には、運動会の大玉転がしをイメージするから、とか言う噂はありますが、間違いでしょう。

今まで体験したことのないものを味わってみると、面白いですね、本当に。

 サードプレイス メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!

私を含めた3人で執筆しているメルマガです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

[ブログへのご意見・ご要望・ご相談などはこちらのフォームから]