楽しい人生を作るのは自分次第

ツイッターで気持ちを呟いて…

世間を騒がせている、あのニュースの犯人は、ツイッターを利用してターゲットを見つけていたと報道されている。

真実は、今後の捜査や裁判を待つしかないのだけれども、今回は、特定されにくい事情もありますが、被害者に注目が及んでいないような気がします。

自殺願望のある、若い女性をターゲットにしていたという点は間違いないでしょう。

若い女性の中で、自殺願望を抱える人の割合は測定できないから、不明な部分が多いけれども、なぜ、そんな思いを抱える人が、彼の元に多く集まったのだろう。巧みな誘い方などがあるにしても、不思議でならない。

当然ながら、犯行や手口などは許されないし、真実の解明を待ちたい。

一方で、未来のあるはずの若い女性が何をそこまで思いつめていたのか、について、私は関心を抱いています。

思い通りにいかない、つらい気持ち、厳しい現実を前に深く苦しんでいたのでしょう。

その思いを友人や知人などではなく、ツイッターというソーシャルネットワークな環境で吐き出していたことから、この事件の被害者の一人に加わっている。

人間として、自分の思いを言葉として吐き出すならわかる。それが、ツイッターだから。

ただ、その後、事件に巻き込まれるとしたら、彼女たちは、外出をして、犯人に会っている。要するに、身体の自由や移動可能な状況にある。動けないほどの絶望感ではなかった。いや、絶望の先に、自殺という救いを求めていたのでしょうか。

私は、ツイッターや行動できる状態に注目しています。

彼女たちの自殺願望には、孤独感がありながらも、自ら行動できたからこそ、悲惨な結末を迎えてしまった。ちょっとした、本音の呟きの先に、待ち受けていたものは、彼女たちの希望だったのか、絶望だったのか。よくわからない。

もし、彼女たちが、ソーシャルネットワークではなく、リアルな世界で、気持ちを伝える人が身近に一人でもいたら、と思うといたたまれない。

人生を楽しくするのは自分次第

若い頃、理想や夢が破れたり、周囲とうまくいかないで苦しんだ経験は、大半の大人には持ち合わせているもの。

希望を諦めたり、何か新しいものを見つけて、人生は右に左にドライブしていく。

他人の価値観ではなく、自分の道を決めて歩いていく。つらさや悲しさがあっても、笑える楽しいことを見つけられたら、頑張れる。

周りの影響は様々受けるけれども、自ら取捨選択をしながら生きることの先に、自分の楽しみが見つかる。そこには、似たような仲間が集まる。

途中で、道を変えても構わない。付き合う仲間が変わり、生活スタイルも変わりだろう。

価値基準は、自分が楽しめるかどうか。他人や世間との比較ではない。

たった一度の人生を楽しくするのは自分次第。

そんなことを最近、考えています。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 各種お問い合わせはこちら