エコヒイキ(依怙贔屓)って、ものすごい力がある!ろばた焼き「海賊」(錦糸町)

「エコヒイキ」って、顧客との関係を深める方法なんだ!

「炉端焼き」とは、宮城県仙台市で発祥し、北海道釧路市で発展した飲食店の店舗や給仕の形態、料理のことを指すって、調べるまで良くわかっていませんでした。

客の目の前の囲炉裏端において、炭火で魚介類や野菜を焼き、長いしゃもじ(掘返べら)で料理を提供するスタイル。

最近、「炉端焼き」という看板を見なくなりましたが、以前は、夜の繁華街、居酒屋では「炉端焼き」は一つのジャンルとして人気を持っていました。

外食産業は落ち込みが激しい中でも、パブ・居酒屋は落ち込みが激しいです。家族連れが気軽に足を運べて、時間帯を問わずに好きな物が食べられる為か、ファミリーレストラン形態だけが唯一伸びています。

出典:日本フードサービス協会「外食産業市場動向調査」 月刊「事業構想」1月号「酒離れの実態は? 数字で見る酒ビジネス」

さらに、居酒屋は流行のスタイルの影響が出ます。今は、「バル」と名乗るお店が増えました。(昔なら、「洋風居酒屋」と言っていたような気がしますが)

そういう意味では、「炉端焼き」というジャンルのお店は減っているだけに、長らく生き残っている店舗なのは間違いありません。厳しい環境で生き残るには、きっと戦略があるはず。

2017年12月12日(火)に友人のお誘いを受けて、「ろばた焼き海賊」でエコヒイキを味わおう!という企画に参加できました。

私は、このお店周辺には「炉端焼き」ジャンルのお店がたくさんありました。

駅前の再開発などの影響を受けて、飲食ビルなどに変わっていく中で、ほぼ絶滅したような状態でした。どうしても、「炉端焼き」って、昭和っぽさを感じるので、若い人には受け入れられないのかもしれません。(皆さん、バーベキューは大好きなんですけどね)

今回、出向いた「ろばた焼き 海賊」さんは、普通の居酒屋とは違うという噂を聞いていました。美味しいだけ、安いだけならば、他にもたくさんのお店があるだけに、体験しようと思って参加しました。

お店の外観は目立ちます!

お店のこだわりを感じる、おしぼりです。え?「ろばた焼き」なのに、「刺し盛り」?

ここまでで、十分にお店のこだわりを感じます。

平日の19時でお店は満員で空席なし。繁盛されてます!!

これが、冷凍じゃない、「生本マグロ盛」です!!市場価値は8000円クラスだとか。これが「エコヒイキ」の1つ。恵まれてました。感謝、感謝。

社長から勧められた一品。私は食べれませんでしたが、美味しそう。「他のお店の商品をマルパクリです。」とww

この枡タワーな、刺盛。これも、エコヒイキの証拠なのだ!!

ここが、エコヒイキの秘密を発見。

炉端焼き海賊の会員特典の中身です。

ただのポイントカードではありません。お店に通うことで、シルバー会員、ゴールド会員にステップアップしていきます。

そして、ゴールド会員になると、会員にしか提供されないメニューがあるのです。
(社長曰く、どんなにお金をもらっても、ゴールド会員以外には出さない!とのこと)

ゴールド会員限定です。しかも、いつも同じメニューではなく、週代わりで用意されています。しかも、超オススメメニューです。

デザートも本物!!とても、居酒屋の最後に出てくるライトなものとは違いました。すごい!!

春山社長に、このエコヒイキというレベル分け会員のモデルはオリジナルなのか?と尋ねたところ

「JALさんですよ!」

と、あっさりネタバレをしてくれました。マイレージを溜める仕組みを作り上げ、利用頻度の高い顧客を特別扱いしていきます。

クリスタル⇒サファイア⇒プレミア⇒ダイヤモンド とランクアップしていく形。

最高クラスになると、前方座席指定サービス、国内線先行予約サービス、専用カンターでのチェックインなど各種優遇サービスを受けられます。

これは、普通のポイントカードでは、競合との差別化は難しいと思いませんか?

確かに、足繁く通えば、無料な特典や、1品サービス程度、多少の割引を、たまに受けられます。ある程度、溜めるまでに特典なんて忘れてしまいます。他店との差別には繋がっていません。どこでも、ポイントカードはお手軽に発行されますので。財布の中に溢れたり、整理する時に捨てたりしてませんか?

このエコヒイキを提供する店舗の目的は、「利用頻度の高い顧客」の売上げ貢献に期待している点です。一度しか来ない、お客へサービスを手厚くするよりも、何度も足を運んでくれる常連に対して、また、足を運んでもらえるような仕掛けです。

このマーケティング作戦などを考えている春山社長が経営している限り、「ろばた焼き 海賊」は安泰だと思います。

私もカードを持っているので、通って、エコヒイキをしてもらおうと思います。

書き忘れましたが、日本酒などのお酒も、名酒が揃ってます。オススメです。

関連ブログ記事

ろばた焼き 海賊 詳細情報

所在地 東京都墨田区江東橋3-11-2
電話 050-3196-3729
URL http://robatayaki-kaizoku.favy.jp
地図

【PR】BESTなお店が見つかるサービス【Retty】で「 ろばた焼 海賊」を見る・予約する



ろばた焼き「海賊」に足を運んだ方の声(twitter投稿より)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。